Now stay home but someday travel

(ノルマン様式のクリフォード・タワーを中心とする城)ヨーク城 York Castle

(ノルマン様式のクリフォード・タワーを中心とする城)ヨーク城 York Castle

(観光おすすめ度★★★★★)ヨーク城は、イギリスのイングランドのヨークにある城です。
York Castle is a castle in York, England, the United Kingdom.

York Castle
York Castle

ヨーク城は、オウス川とフォス川の間にある一連の城郭、牢獄、法廷、その他の建物から構成される要塞です。
York Castle is a fortified complex comprising a sequence of castles, prisons, law courts and other buildings between the rivers Ouse and Foss.

York Castle
York Castle
York Castle

ヨーク城のノルマン様式の中世の本丸は、クリフォード・タワーと一般に呼ばれています。
The medieval keep in the Norman style of York Castle is commonly referred to as Clifford’s Tower.

York Castle
York Castle
York Castle

クリフォード・タワーの中に、ヨーク城の模型が置かれています。
A model of York Castle is paced in Clifford’s Tower.

York Castle

ヨーク城の場所の最初の城は、ヨークのノルマン・コンクエストに続いて、1068年に征服王ウィリアム1世によって建てられました。最初の城は、基本的な木造のモットアンドベイリーの城でした。最初の城は、急ぎ建てられたものでした(たった8日間)。その後、最初の城は、反乱とヴァイキング軍団によって1069年に破壊されました。ヨーク城は、再び木造で再建され、濠と人工の湖を含む広大な水の防御で強固になりました。
The first castle on the site of York Castle was built by William the Conqueror in 1068 following the Norman conquest of York. The first castle was a basic wooden motte and bailey castle. The first castle was built in haste (only 8 days). Subsequently the first castle was destroyed by rebels and a Viking army in 1069. Afterwards the castle was rebuilt again in wood and was reinforced with extensive water defences including a moat and an artificial lake. York Castle formed an important royal fortification in the north of England.

York Castle

1189年、獅子心王リチャード1世が戴冠し、十字軍へ参加する意向を発表しました。この発表は、反ユダヤの感情を燃え上がらせました。リチャード1世がイングランドのユダヤ人を攻撃するように命じたという噂が、広がりました。ヨークでは、翌年、緊張が暴力に変わりました。結果として、150人の地元のユダヤ人が、ヨーク城の本丸の中で虐殺されました。彼らのほとんどは、群衆の手に落ちないように自殺しました。
In 1189 Richard the Lionheart was crowned King and announced his intention to join the Crusades. This announcement inflamed anti-Jewish sentiment. Rumours spread that he had ordered that the English Jews be attacked. Tensions broke out into violence the following year in York. Consequently 150 local Jews were killed in a pogrom in the castle keep. Most of them committed suicide in order not to fall into the hands of the mob.

York Castle

ヘンリー3世は、1245~1270年に石造りでヨーク城を再建しました。また、ヘンリー3世は、広い範囲の囚人を収容する監獄として、ヨーク城の役割を広げました。ヨーク城は、1307年にイングランドで解散したテンプル騎士団の多くの逮捕された騎士達を収容するために用いられました。スコットランド独立戦争中の1298~1338年、エドワード1世およびエドワード2世の下、ヨーク城は、イングランドの王政の中心を形成しました。ヨーク城は、監獄として用いられ続けましたが、15世紀および16世紀までに荒廃しました。1642年のイングランド内戦の勃発によって、ヨーク城は修理され再び要塞化されました。ヨーク城は、円頂党(議会派)軍に対する1644年の騎士党(王党派)の防衛の一部を果たしました。ヨーク城は、爆発がクリフォード・タワーの内装を破壊した1684年まで駐屯部隊が置かれ続けました。その後、ヨーク城は、18世紀に新古典主義で改築されました。
Henry III rebuilt York Castle in stone from 1245 to 1270. Furthermore he extended the role of castle as a jail for holding a wide range of prisoners. The castle was used to hold many of the arrested knights of which the Knights Templar was dissolved in England in 1307. The castle formed the centre of royal administration in England under Edward I and Edward II from 1298 to 1338 during the Wars of Scottish Independence. The castle fell into disrepair by the 15th and 16th centuries though the castle continued to be used as a jail. The outbreak of the English Civil War in 1642 saw the castle being repaired and refortified. The castle played a part in the Cavaliers (Royalists) defence of the city in 1644 against the Roundheads (Parliamentarians) forces. The castle continued to be garrisoned until 1684 when an explosion destroyed the interior of Clifford’s Tower. Afterwards the castle was redeveloped in the Neoclassical style in the 18th century.

York Castle
York Castle
York Castle

クリフォード・タワーの上から、ヨークの街並みを一望することができます。
The top of Clifford’s Tower offers a view of the townscape of York from

York Castle

クリフォード・タワーの旧跡は、20世紀までに国の記念碑そして観光地となりました。また、他の残った建物は、ヨーク城博物館と刑事法院に供されています。
The ruin of Clifford’s Tower had become a national monument and tourist destination by the 20th century. Moreover the other remaining buildings serve as the York Castle Museum and the Crown Court.

ヨーク YorkLatest Posts (Category)