Now stay home but someday travel

(フランス人の襲撃に備えた)ライ城 Rye Castle

(フランス人の襲撃に備えた)ライ城 Rye Castle

(観光おすすめ度★★★★☆)ライ城は、イギリスのイングランドのライにある城です。
Rye Castle (Ypres Tower) is a castle in Rye, England, the United Kingdom.

Rye Castle
Rye Castle
Rye Castle
Rye Castle

ライ城は、ゴシック様式の小さな城で、イプラ・タワーとしても知られています。ライ城は、1249年に建てられました。ヘンリー3世が、フランス人によってひんぱんに起こる襲撃に対する防衛の一部として、ライ城の建設の許可を与えました。イングランド南海岸は、当時、フランスよる脅威に絶えずさらされており、ライは、五大港連合の港町の一つとして、その支援の代わりに特権を与えられました。ライ城の防御構造物は、この支援となりました。
Rye Castle is a small castle in the Gothic style and is also known as Ypres Tower. The castle was built in 1249. Henry III gave permission for the castle to be built as part of the defence against the frequent raids by the French. The south coast of England was under constant threat from the French at the time and Rye was given privileges in exchange for its support as one of the Cinque Potts towns. The defensive structure of the castle provided this support.

Rye Castle
Rye Castle
Rye Castle
Rye Castle
Rye Castle
Rye Castle
Rye Castle

イプラ・タワーは、ライ城博物館の2か所の施設のうちの一つです。塔内の展示には、ライの生活や歴史の情勢を多数描写する刺繍、中世の遺物、町の地図などがあります。
Ypres Tower is one of 2 sites of Rye Castle Museum. Exhibits in the tower include an embroidery depicting many aspects of Rye life and history, medieval artefacts and town maps.

ライ RyeLatest Posts (Category)