Now stay home but someday travel

(不思議の国のアリスの世界)アリス・ショップ Alice’s Shop

(不思議の国のアリスの世界)アリス・ショップ Alice’s Shop

(観光おすすめ度★★★☆☆)アリス・ショップは、イギリスのイングランドのオックスフォードにある商店です。
Alice’s Shop is a shop in Oxford, England, the United Kingdom.

Alice's Shop

アリス・ショップは、不思議の国のアリスの贈り物、お土産物、記念品の宝庫です。クライスト・チャーチ・カレッジの教授であったチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルの筆名で「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」を書いた時、この小さなお店は雑貨屋でした。「不思議の国のアリス」は、1865年に出版され、世界中で瞬く間にベストセラーになりました(シェイクスピアに次いで最も翻訳された英文学作品です)。この小さなお店は、「鏡の国のアリス」に登場しました。ルイス・キャロルは、元々、クライスト・チャーチ・カレッジ長の娘のアリス・リデルのために物語を書きました。そのため、彼は、彼の創作の中に、小さなアリスにとって親しい現実のシーンやキャラクターをしばしば選びました。その一つが、カレッジのすぐ前にある500年前に建てられた古い家屋の小さな雑貨屋でした。アリスと姉妹達は、しばしばここでお菓子を買い、ルイス・キャロルとも一緒によく訪れたことでしょう。このお店は、雑貨屋として営業続けてはいましたが、アリスの物語が有名になるとすぐにアリス・ショップと呼ばれました。
Alice’s Shop is a treasure trove of Alice in Wonderland gifts, souvenirs and memorabilia. This small shop was a grocery shop when Christ Church College professor Charles Dodgson (the pseudonym is Lewis Carroll) wrote Alice in Wonderland and Through the Looking-Glass. Alice in Wonderland was published in 1865 and became an instant success throughout the world (the novel is the most translated work of English literature after Shakespeare). This small shop itself was written into Through the Looking-Glass. Lewis Carroll originally wrote a story for Alice Liddell (the daughter of the Dean of the college). Therefore he often selected real scenes and characters familiar to the young Alice in his creations. One such scene was a small grocery shop housed in an old building built 500 years ago just opposite the college. She and her sisters often bought sweets here and would have visited the shop frequently with him. The shop was dubbed Alice’s Shop locally as soon as the stories became well known (even as the shop continued as a grocery shop).

オックスフォード OxfordLatest Posts (Category)