Now stay home but someday travel

(グリニッジ子午線の基点)王立天文台 The Royal Observatory

(グリニッジ子午線の基点)王立天文台 The Royal Observatory

(観光おすすめ度★★★★★)王立天文台は、イギリスのロンドンのグリニッジにある天文台であり、ユネスコ世界遺産「海事都市グリニッジ」の一部です。
The Royal Observatory is an observatory in London, the United Kingdom and is a Observatory of the UNESCO World Heritage Site, Maritime Greenwich.

The Royal Observatory
The Royal Observatory
The Royal Observatory

王立天文台は、1675年にチャールズ2世によって創設されました。建物は、クリストファー・レンによって設計され、1676年に完成しました。建物は、初代天文台長ジョン・フラムスティードにちなんでフラムスティード・ハウスと呼ばれています。グリニッジ子午線が、フラムスティード・ハウスを含む建物に囲まれた中庭に示されています。グリニッジ子午線は、1851年に定められ、1884年に万国子午線会議において世界の本初子午線に採択されました。
The Royal Observatory was founded by Charles II in 1675. The building was designed by Christopher Wren and was completed in 1676. The building is called Flamsteed House after John Flamsteed, the first Astronomer Royal. The Greenwich Meridian is marked in the courtyard surrounded by buildings including the house. The meridian was established in 1851 and was adopted as the Prime Meridian of the world at the International Meridian Conference in 1884.

The Royal Observatory

シェファード門時計が、王立天文台の門の外壁に設置されています。シェファード門時計は、本館の中にある時計によって変換された電気信号によって制御される主従の機構になっています。主従の時計のネットワークは、1852年にチャールズ・シェファードによって作られ設置されました。シェファード門時計は、おそらくグリニッジ標準時を一般公衆に表示した最初の時計で、24時間のアナログの文字盤を用いた特殊な時計です。
The Shepherd Gate Clock is mounted on the wall outside the gate of the Royal Observatory. The clock was a slave mechanism controlled by electric pulses transmitted by a master clock inside the main building. The network of master and slave clocks was constructed and installed by Charles Shepherd in 1852. The clock was probably the first to display Greenwich Mean Time to the public and is unusual in using the 24-hour analog dial.

The Royal Observatory

この建物が、フラムスティード・ハウスとグリニッジ子午線の中庭に通じる入口です。
This building is the entrance to Flamsteed House and the courtyard of the Greenwich Meridian.

The Royal Observatory
The Royal Observatory

グリニッジ子午線の中庭に通じる小道を歩いていきます。
You are walking through a passageway leading to the courtyard of the Greenwich Meridian.

The Royal Observatory
The Royal Observatory

フラムスティード・ハウスの上にある赤い球は、港の船員たちや他の人々がグリニッジ標準時(GMT)に時計を合わせることを手伝うために1833年に設置され正確に午後1時に落ちる報時球です。報時球は、最初は操作者によって落とされていましたが、1852年からシェファードの主時計からの電気信号を経由し自動的に落ちるようになりました。GMTは、ほとんどの人にとって1日は深夜0時から始まる一方で天文学者達は元々GMTの1日は正午から始まると考えていたので、1935年に世界時と正式に改名されました。そして今日では、時刻系は国際原子時に基づいていて、第一の標準時は協定世界時(UTC)です。しかし、GMTは厳密にはUTCと同じではありませんが、GMTはUTCの同義語としてしばしば用いられています。
The red ball on the top of Flamsteed House is the time ball which was installed in 1833 to help mariners at the port and others to synchronise their clocks to Greenwich Mean Time (GMT) and drops precisely at 1 p.m. The time ball was dropped by an operator initially and then was dropped automatically via an electric impulse from the Shepherd Master Clock from 1852. GMT was formally renamed as Universal Time in 1935 because astronomers originally considered a GMT day to start at noon while for almost everyone else the day started at midnight. And today a time standard is based on International Atomic Time and the primary time standard is Coordinated Universal Time (UTC). And yet GMT is often used as a synonym for UTC though GMT is not strictly the same as UTC.

The Royal Observatory
The Royal Observatory

フラムスティード・ハウスの美しい八角形の部屋は、食、彗星、惑星の運行を含む天体イベントを観測するために設計されました(しかし、建物の向きが理想的ではなく、どの壁も経線に沿っておらず位置観測はできなかった)。
The beautiful Octagon Room of Flamsteed House was designed to observe celestial events including eclipses, comets and planetary movements (And yet actually the positioning of the building was not ideal as none of the walls were aligned with a meridian and positional observations were not possible).

The Royal Observatory
The Royal Observatory

王立天文台には、多くの時計や天文学の道具が収蔵されています。
The Royal Observatory houses many timepieces and astronomical instruments.

The Royal Observatory
The Royal Observatory
The Royal Observatory
The Royal Observatory

中庭には、グリニッジ子午線を示す線に並ぶ長い列ができます。
There is a long queue for the line showing the Greenwich Meridian in the courtyard.

The Royal Observatory
The Royal Observatory

グリニッジ子午線は、天文観測によって設定された歴史的な世界の本初子午線です。グリニッジ子午線は、地球を東と西の半球に分割しました。今日では、グリニッジ子午線は、真の本初子午線ではありません。本初子午線は、1984年に合意され、地理座標系に基づいています。本初子午線は、グリニッジ子午線の東102.5メートルを通っています。
The Greenwich Meridian is the historic prime meridian of the world established by astronomic observations. The historic astronomic prime meridian divided the eastern and western hemispheres of the Earth. Today the historic astronomic prime meridian is not the true prime meridian. The Prime Meridian was agreed in 1984 and is based on a geographic coordinate system. The Prime Meridian passes 102.5 metres to the east of the historic astronomic prime meridian.

The Royal Observatory

王立天文台の主要な建物の隣には、展望台とジェームズ・ウルフの像があります。ジェームズ・ウルフは、陸軍将校で、グリニッジの海兵連隊で軍歴をスタートさせました。
Next to the main buildings of the Royal Observatory there is a viewing platform and a statue of James Wolfe. He was a British Army officer and started his military career at the Marine regiment of Greenwich.

The Royal Observatory

この小さな建物は、経緯台建屋と呼ばれ、1899年にさかのぼります。経緯台建屋には、地上階に太陽に関する展示があります。
This small pavilion is called the Altazimuth Pavilion and dates back to 1899. The pavilion houses an exhibition about the Sun on its ground floor.

The Royal Observatory

ピーター・ハリソン・プラネタリウムは、2007年に開館しました。
The Peter Harrison Planetarium opened in 2007.

The Royal Observatory

南のヴィクトリア様式の建物には、天文学の展示ギャラリーがあります。
The south Victorian building houses astronomy galleries.

ロンドン LondonLatest Posts (Category)