Now stay home but someday travel

(イギリス王室の公式馬車が並ぶ)ロイヤル・ミューズ The Royal Mews

(イギリス王室の公式馬車が並ぶ)ロイヤル・ミューズ The Royal Mews

(観光おすすめ度★☆☆☆☆)ロイヤル・ミューズは、イギリスのロンドンにある厩舎です。
The Royal Mews is a mews in London, the United Kingdom.

he Royal Mews
The Royal Mews
The Royal Mews

ロイヤル・ミューズは、バッキンガム宮殿の敷地内、バッキンガム宮殿庭園の南にあるイギリス王室の厩舎です。ロイヤル・ミューズは、定常的に一般公開されています。ロイヤル・ミューズには、約30頭の馬とともに公式馬車や他の馬車、それらの現代版である公式自動車があります。ロイヤル・ミューズには、これらのいくつかが展示されています。御者、飼育員、運転手、他の職員が、馬達や厩舎の上にある寮に住んでいます。
The Royal Mews is the mews of the British Royal Family located in the grounds of Buckingham Palace and to the south of Buckingham Palace Gardens. The mews is regularly open to the public. The mews houses the state coaches and other carriages along with about 30 horses, together with their modern counterparts, the state motor cars. The mews displays some of them. Coachmen, grooms, chauffeurs and other staff are accommodated in flats above the carriage houses and stables.

The Royal Mews
The Royal Mews
The Royal Mews

黄金の公式馬車が、広い部屋に展示されています。黄金の公式馬車は、1762年に製作されました。黄金の公式馬車は、ジョージ4世以降の全てのイギリス君主の戴冠式に用いられています。黄金の公式馬車は、4トンの重さがあり、長さ7.3メートル、高さ3.7メートルです。黄金の公式馬車は、黄金で覆われ、絵が描かれたパネル、イングランド、アイルランド、スコットランドを表す屋根の上の3人の智天使、四角に4人のトリートーンを含む豊かな黄金で覆われた彫刻が、特徴です。黄金の公式馬車は、赤いモロッコ皮のハーネスを着けた8頭の馬の一隊によって引かれます。8頭の馬は、元々御者に制御されましたが、現在では、2頭ずつ(4ペア)騎手に騎乗されます。黄金の公式馬車は、とても重いので、牽引は歩行のみです。
The Gold State Coach is displayed in a large room. The coach was built in 1762. The coach has been used at the coronation of every British monarch since George IV. The coach weighs 4 tons and is 7.3 meters long and 3.7 metres high. The coach is gilded and features painted panels and rich gilded sculpture including 3 cherubs on the roof (representing England, Ireland and Scotland) and 4 tritons at 4 corners. The coach is pulled by a team of 8 horses wearing the Red Morocco harness. The 8 horses were originally driven by a coachman and now 4 pairs are ridden by postilions. The coach is so heavy it can only be pulled at a walk.

ロンドン LondonLatest Posts (Category)