Now stay home but someday travel

(高級ホテルでアフタヌーンティー)リッツ・ロンドン The Ritz London

(高級ホテルでアフタヌーンティー)リッツ・ロンドン The Ritz London

(観光おすすめ度★★★☆☆)リッツ・ロンドンは、イギリスのロンドンにあるホテルです。
The Ritz London is a hotel in London, the United Kingdom.

The Ritz London
The Ritz London

リッツ・ロンドンは、ピカデリー通り沿いにある五つ星ホテルです。リッツ・ロンドンは、世界で最も名高く最も知られているホテルの一つです。リッツ・ロンドンは、上流社会と贅沢の象徴です。リッツ・ロンドンには、ドレスコードがあります。リッツ・ロンドンは、1906年に開業しました。
The Ritz London is a 5 star hotel located on a street called Piccadilly. The hotel is one of the most prestigious and best known hotels in the world. The hotel has been a symbol of high society and luxury. The hotel has a dress code. The hotel was opened in 1906.

The Ritz London
The Ritz London
The Ritz London

パーム・コートでは、有名な「リッツのアフタヌーンティー」を楽しむことができます(要予約)。パーム・コートは、金箔の青銅の枠にはめられた鏡の間、豊かに装飾されたクリーム色のルイ16世スタイルの部屋です。
The Palm Court hosts the famous Afternoon Tea at the Ritz (prior booking essential). The tea room is an opulently decorated cream-coloured Louis XVI setting with panelled mirrors in gilt bronze frames.

The Ritz London

アフタヌーンティーの習慣は、19世紀半ばにイングランドの富裕層の間で始まりました。アフタヌーンティーは、19世紀終わりまでに、現在の形式に発展し、上流と中流階級の両方で見られるようになりました。今日では、おおよそ、正式なアフタヌーンティーはホテルで、形式にこだわらないアフタヌーンティーはティーハウスやティールームで供されています。アフタヌーンティーには、典型的に、サンドウィッチ、バターとともにパン、クロテッドクリームとジャムとともにスコーン、ケーキが付きます。これらは、段重ねのスタンドで供されます。イギリス料理は概ね貧相ですが、アフタヌーンティーのようなお茶請けは美味しいです。
Afternoon tea custom originated amongst the wealthy social classes in England in the middle of the 19th century. Afternoon tea developed to its current form and was observed by both the upper and middle classes by the end of the 19th century. Nowadays generally a formal afternoon tea is served in a hotel and a less formal is done in a teahouse or tearoom. Aternoon tea is typically accompanied by sandwiches, bread (with butter), scones (with clotted cream and jam) and cakes. The food is served on a tiered stand. British cuisine is generally poor but British refreshments such as afternoon tea are so good.

ロンドン LondonLatest Posts (Category)