Now stay home but someday travel

(衣服のマーケット)ペチコートレーン・マーケット Petticoat Lane Market

(衣服のマーケット)ペチコートレーン・マーケット Petticoat Lane Market

(観光おすすめ度★★☆☆☆)ペチコートレーン・マーケットは、イギリスのロンドンにある市場です。
Petticoat Lane Market is a market in London, the United Kingdom.

Petticoat Lane Market
Petticoat Lane Market

ペチコートレーン・マーケットは、リバプール・ストリート駅の近くにあるいくつかの伝統的マーケット(スピタルフィールズ・マーケット、ブリックレーン・マーケット、他)の一つです。古着や骨董品の売買や交換が行われた元々の市場は、1608年までに設立され、すでにペチコートレーンとして知られました。ペチコートレーンの名前は、ペチコートの販売だけではなく、「市場の端でペチコートが盗まれ別の場所でそのペチコートを売り付けられる」という作り話に由来しています。1685年のナントの勅令の廃止を受けてフランスを逃れていたユグノーが、この地域と周辺にたどり着きました。絹職工は、スピタルフィールズの新しい町に居住しました。この地域は、既に衣類と関連があり、18世紀半ばに衣服製作の中心になりました。マーケットは、新品の衣服を販売しました。この地域は、1880年代と1970年代の間、40を超えるシナゴーグの最も大きなユダヤのコミュニティでした。その後、ほとんどのユダヤのコミュニティはこの地域を去り、バングラデシュのコミュニティが栄えています。新しい文化、貿易、ビジネスが、現在この地域を満たしています。ペチコートレーン・マーケットは、今もなおファッションと衣類の市場です。
Petticoat Lane Market is one of a number of traditional markets (Spitalfields Market, Brick Lane Market and so on) located near Liverpool Street station. The original market where second-hand clothes and bric-a-brac were sold and exchanged was established by 1608 and was already known as Peticote Lane. The name Petticoat Lane came from not only the sale of petticoats but from the fable that they would steal your petticoat at one end of the market and sell it back to you at the other. Huguenots who were fleeing France following the Revocation of the Edict of Nantes in 1685 arrived in and around the area. Master weavers settled in the new town of Spitalfields. The area already had an association with clothing and became a centre for manufacturing clothes in the middle of the 18th century. The market sold new garments. The area was one of the largest Jewish communities having over 40 synagogues between the 1880s and 1970s. Afterwards most of the Jewish community left the area and a Bangladeshi community has been flourishing since then. New cultures, trades and business now fill the area. The market is still a fashion and clothing market.

ロンドン LondonLatest Posts (Category)