Now stay home but someday travel

(アフタヌーンティーを楽しむ)ケンジントン宮殿オランジェリー Kensington Palace Orangery

(アフタヌーンティーを楽しむ)ケンジントン宮殿オランジェリー Kensington Palace Orangery

(観光おすすめ度★★★☆☆)ケンジントン宮殿オランジェリーは、イギリスのロンドンにあるレストランおよびティーハウスです。

Kensington Palace Orangery
Kensington Palace Orangery
Kensington Palace Orangery

ケンジントン宮殿オランジェリーは、ケンジントン・ガーデンズ内のケンジントン宮殿の隣にあります。ケンジントン宮殿オランジェリーは、アン女王によって1704~1705年にバロック様式で建てられました。ケンジントン宮殿オランジェリーは、優雅なランチや気軽なアフタヌーンティーに最適な場所です。ケンジントン宮殿と庭園を眺めることができる屋外のテラス席もあります。
Kensington Palace Orangery is located next to Kensington Palace in Kensington Gardens. The orangery was built from 1704 to 1705 in the Baroque style by Queen Anne. The orangery is the perfect location for an elegant lunch or an indulgent afternoon tea. There is also an outside terrace offering the views of the palace and its elegant gardens.

Kensington Palace Orangery

アフタヌーンティーの習慣は、19世紀半ばにイングランドの富裕層の間で始まりました。アフタヌーンティーは、19世紀終わりまでに、現在の形式に発展し、上流と中流階級の両方で見られるようになりました。今日では、おおよそ、正式なアフタヌーンティーはホテルで、形式にこだわらないアフタヌーンティーはティーハウスやティールームで供されています。アフタヌーンティーには、典型的に、サンドウィッチ、バターとともにパン、クロテッドクリームとジャムとともにスコーン、ケーキが付きます。これらは、段重ねのスタンドで供されます。イギリス料理は概ね貧相ですが、アフタヌーンティーのようなお茶請けはとても美味しいです。
Afternoon tea custom originated amongst the wealthy social classes in England in the middle of the 19th century. Afternoon tea developed to its current form and was observed by both the upper and middle classes by the end of the 19th century. Nowadays generally a formal afternoon tea is served in a hotel and a less formal is done in a teahouse or tearoom. Aternoon tea is typically accompanied by sandwiches, bread (with butter), scones (with clotted cream and jam) and cakes. The food is served on a tiered stand. British cuisine is generally poor but British refreshments such as afternoon tea are so good.

ロンドン LondonLatest Posts (Category)