Now stay home but someday travel

(ロンドンに残る大自然)ハムステッド・ヒース Hampstead Heath

(ロンドンに残る大自然)ハムステッド・ヒース Hampstead Heath

(観光おすすめ度★★☆☆☆)ハムステッド・ヒースは、イギリスのロンドンにあるヒース(荒野)です。
Hampstead Heath is a heath in London, the United Kingdom.

Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath

ハムステッド・ヒース(地元では単に「ヒース」)は、面積320ヘクタールの広大な荒野です。ヒースは、ハムステッドからハイゲートに走る砂の峰にまたがり、ロンドンで最も標高が高い場所の一つです。池、新旧の森を含むヒースは、自然がいっぱいです。ヒースは、自然保護区域に指定されています。Hampstead Heath (locally known simply as the Heath) is a large heath covering 320 hectares. The heath sits astride a sandy ridge running from Hampstead to Highgate and one of the highest points in London. The heath embracing ponds and recent and ancient woodlands is full of nature. The heath is designated a site of substantive local nature conservation.

Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath
Hampstead Heath

ケンウッド・ハウス(「アイヴァー・ビクエスト」としても知られている)は、ハムステッド・ヒースの北端にある新古典主義様式のかつての大邸宅(カントリー・ハウス)です。元々の邸宅は、1616年頃にさかのぼります。ケンウッド・ハウスは、1754年に初代マンスフィールド伯爵ウィリアム・マレーによって購入されました。ケンウッド・ハウスは、1764~1779年と1793~1796年に改築されました。初代アイヴァー伯爵エドワード・セシル・ギネスが、1925年にマンスフィールド家からケンウッド・ハウスを購入し、1927年に彼は亡くなり国にケンウッド・ハウスを渡しました。その結果、ケンウッド・ハウスは、1928年に一般公開されました。ケンウッド・ハウスには、ヨハネス・フェルメールの「ギターを弾く女」やレンブラント・ファン・レイン「自画像」などの名画(作品のほとんどはアイヴァーのコレクション)を所蔵しています。音楽コンサート(元々はクラシック音楽で近年は主としてポップ音楽)が、1951~2006年まで毎年夏の土曜日の夕方に行われ、ピクニックをして音楽と景色と花火を楽しむ数千人の人々を引き付けてきました。2007年に、これらのコンサートは、地元住民の抗議の後、廃止されました。それから、季節当たり8回のコンサートが、2008年以来行われています。
Kenwood House (also known as the Iveagh Bequest) is a former stately home (English country house) in the Neoclassical style on the northern boundary of Hampstead Heath. The original house dates from about 1616. The house was bought by William Murray, 1st Earl of Mansfield in 1754. The house was remodelled from 1764 to 1779 and from 1793 to 1796. Edward Cecil Guinness, 1st Earl of Iveagh bought the house from the Mansfield family in 1925 and left the house to the nation upon his death in 1927. Consequently the house was opened to the public in 1928. The house houses the paintings (most of the works from the collection of Iveagh) such as The Guitar Player by Johannes Vermeer and Self Portrait with Two Circles by Rembrandt Harmenszoon van Rijn. Music concerts (originally classical but in more recent years predominantly pop concerts) were held on Saturday evenings every summer from 1951 until 2006, attracting thousands of people to picnic and enjoy the music, scenery and spectacular fireworks. In 2007 these concerts were abandoned after protests from some local residents. Then 8 concerts per season are performed since 2008.

Hampstead Heath

ハムステッド・ヒースの丘からは、(プリムローズ・ヒルと同じように)ロンドン中心部を一望することができ、ザ・シャード、セント・ポール大聖堂、ロンドン・アイ、BTタワーなどの陸標たる建物が見えます。
The hill of Hampstead Heath offers a full view of central London (as well as Primrose Hill) including landmark buildings such as the Shard, St. Paul’s Cathedral, the London Eye and the BT Tower.

Hampstead Heath
Hampstead Heath

移動式遊園地が、休日にはハムステッド・ヒースにやってきます。
A fun fair comes to Hampstead Heath for a holiday.

ロンドン LondonLatest Posts (Category)