Now stay home but someday travel

(リンリスゴー宮殿の隣に立つ)聖ミカエル教区教会 St. Michael’s Parish Church

(リンリスゴー宮殿の隣に立つ)聖ミカエル教区教会 St. Michael’s Parish Church

(観光おすすめ度★★★★☆)聖ミカエル教区教会は、イギリスのスコットランドのリンリスゴーにある教会です。
St. Michael’s Parish Church is a church in Linlithgow, Scotland, the United Kingdom.

St. Michael's Parish Church
St. Michael's Parish Church

聖ミカエル教区教会は、リンリスゴー宮殿への前門の側に立っています。リンリスゴー宮殿への前門は、1533年頃にスコットランド王ジェームズ5世によって建てられました。ジェームズ5世が所属していた4つのヨーロッパの騎士団が、前門のアーチの上に刻まれています。それらは、ガーター騎士団、あざみ騎士団、金羊毛騎士団、聖ミカエル騎士団です。
St. Michael’s Parish Church stands by the fore entrance to Linlithgow Palace. The entrance was built by James V of Scotland around 1533. The 4 European orders of chivalry to which James V belonged are engraved above the arch of the fore entrance. These are the Order of the Garter, the Order of the Thistle, the Order of the Golden Fleece and the Order of St. Michael.

St. Michael's Parish Church
St. Michael's Parish Church
St. Michael's Parish Church

聖ミカエル教区教会は、リンリスゴー宮殿と同様に、ルネサンス様式で建てられています。聖ミカエル教区教会は、スコットランド国教会では最も大きな町の教会の一つです。聖ミカエル教区教会の最初の文書の形跡は、スコットランド王デイヴィッド1世が勅許を与えた1138年にさかのぼります。聖ミカエル教区教会は、1242年に献堂されました。聖ミカエル教区教会は、1424年に火事で焼失しましたが、1540年までに再建されました。聖ミカエル教区教会の外装と内装を飾った彫像は、スコットランドの宗教改革の最初の段階の1559年に破壊されました。身廊の南西の角の構造の一部を成す聖ミカエルの像だけは、生き残りましたが、外観は損なわれました。聖ミカエル教区教会は、19世紀初めまで、物理的に極めて貧弱な状態でした。多くの歴史的な特徴が、破壊されました。石造りの聖ジャイルズ大聖堂のそれと似た冠尖塔は、1821年に撤去されました。その後、聖ミカエル教区教会は、1894年に大規模に修繕されました。また、キリストの荊の冠を表したアルミニウムの冠尖塔が、1964年に設置されました。
St. Michael’s Parish Church as well as Linlithgow Palace is built in the Renaissance style. The church is one of the largest burgh churches in the Church of Scotland. The first documentary evidence of the church dates back to 1138 when David I of Scotland granted a charter for the church. The church was consecrated in 1242. The church was burnet by a fire in 1424 and was rebuilt until 1540. The statues adorning the exterior and interior of the church were destroyed in 1559 at an early stage of the Scottish Reformation. Only the statue of St Michael forming part of the structure at the south west corner of the nave survived and yet the statue was defaced. The church was in a very poor physical condition by the early 19th century. Many of the historic features were destroyed. The Crown Tower (a crown steeple made of stone and similar to that of St. Giles’ Cathedral) was dismantled in 1821. Afterwards the church was extensively restored in 1894. Furthermore, an aluminium crown steeple representing the crown of thorns of Christ was installed in 1964.

リンリスゴー LinlithgowLatest Posts (Category)