Now stay home but someday travel

(ネス湖の怪獣を展示)ネッシーランド Nessieland

(ネス湖の怪獣を展示)ネッシーランド Nessieland

(観光おすすめ度★★☆☆☆)ネッシーランドは、イギリスのスコットランドのインヴァネス近郊のドラムナドロッキットにあるアトラクションです。
Nessieland is an atraction in Drumnadrochit, a suburb of Inverness, Scotland, the United Kingdom.

Nessieland

ネッシーランドは、ネス湖の怪獣(ネッシー)のビジターアトラクションです。庭には、大きなネッシーの模型が置かれています。ネッシーは、ネス湖に棲んでいるという水生生物です。ネッシーは、しばしば、水面から突き出る長い首と一つかそれ以上のこぶを持つ巨大な生き物として、描かれます。ネッシーは、1933年に世界的な注目を受けました。一方、ネス湖周辺の怪獣の最も古い報告は、6世紀に書かれた聖コルンバの生涯を記した本の中に現れます。聖コルンバは、十字を切って、その怪獣を追い払いました。
Nessieland is a visitor atrraction about the Loch Ness Monster (the Nessie). In the garden is placed a large model of the monster. The monster is an aquatic being which inhabits the loch reputedly. The creature is often described as being large in size with a long neck and one or more humps protruding from the water. The creature was brought to worldwide attention in 1933. Meanwhile, the earliest report of a monster in the vicinity of the loch appears in a book on the life of St. Columba written in the 6th century. It is said that the saint drove the monster away by the sign of cross.