Now stay home but someday travel

(新古典主義とジョージ王朝様式の建築)エディンバラ新市街 The New Town of Edinburgh

(新古典主義とジョージ王朝様式の建築)エディンバラ新市街 The New Town of Edinburgh

(観光おすすめ度★★★★☆)エディンバラ新市街は、イギリスのスコットランドのエディンバラにある歴史地区であり、ユネスコ世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」の一部です。
The New Town of Edinburgh is a historic district in Edinburgh, Scotland, the United Kingdom and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Old and New Towns of Edinburgh.

The New Town of Edinburgh
The New Town of Edinburgh

新市街は、1767~1850年頃に何段階かに分けて建設されました。新市街は、元々の新古典主義とジョージ王朝様式の建築の多くを残しています。ジョージ・ストリートは、最初の新市街の大通りです。ジョージ・ストリートは、ジョージ3世から名前を取られています。
The New Town was built in stages from 1767 to around 1850. The new town retains much of its original Neoclassical and Georgian period architecture. George Street is the central thoroughfare of the First New Town. The street takes its name from King George III.

The New Town of Edinburgh
The New Town of Edinburgh

バルモラルホテルは、1895年に完成し、1902年に開業しました。ヴィクトリア建築のバルモラルホテルの時計塔は、58メートルの高さがあります。バルモラルホテルは、プリンスィズ・ストリートの東端にあります。プリンスィズ・ストリートは、キャッスルロックの下の主要ショッピング街で、新市街の南縁です。
The Balmoral hotel was completed in 1895 and opened in 1902. The prominent clock tower of the Victorian hotel is 58 metres high. The hotel is located at the east end of Princes Street. The street is the main shopping street beneath Castle Rock (facing Edinburgh Castle) and is the southern edge of the New Town.

エディンバラ EdinburghLatest Posts (Category)