Now stay home but someday travel

(宝石のような冠尖塔)聖ジャイルズ大聖堂 St. Giles’ Cathedral

(宝石のような冠尖塔)聖ジャイルズ大聖堂 St. Giles’ Cathedral

(観光おすすめ度★★★★★)聖ジャイルズ大聖堂は、イギリスのスコットランドのエディンバラにある教会であり、ユネスコ世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」の一部です。
St. Giles’ Cathedral is a high church in Edinburgh, Scotland, the United Kingdom and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Old and New Towns of Edinburgh.

St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral

聖ジャイルズ大聖堂は、エディンバラの守護聖人であり身体障害者とハンセン病患者の守護聖人である聖アエギディウス(英語名は聖ジャイルズ)に、献堂されています。聖アエギディウスは、中世において非常に人気のあった聖人でした。聖ジャイルズ大聖堂は、1124年にデイヴィッド1世によって創設されました。聖ジャイルズ大聖堂は、1322年と1385年に再びイングランド人によって破壊されました。聖ジャイルズ大聖堂は、1390年までに修復され、その後、19世紀に大改修されました。特徴的な冠尖塔は、1495年に建てられ、1648年に再建されました。冠尖塔は、エディンバラの街の輪郭線上を飾る輝く宝石のようです。
St. Giles’ Cathedral is dedicated to St. Giles (the patron saint of Edinburgh as well as of cripples and lepers). The saint was a very popular saint in the medieval times. The church was founded by King David I in 1124. The church was destroyed by the English in 1322 and again 1385. The church was restored in the Gothic style by 1390 and afterwards was extensively restored in the 19th century. The distinctive crown steeple was built in 1495 and was rebuilt in 1648. The crown steeple looks a brilliant jewel decorating the city skyline.

St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral

聖ジャイルズ大聖堂は、エディンバラ高教会としても知られています。スコットランド国教会は、宗教改革以後の歴史のほとんどの間、司教、司教区、または大聖堂を置いておらず、「大聖堂」(司教座のある聖堂)という名称の使用には、今日では実質的な意味合いがありません(ただし高教会という名称は大聖堂という名称よりも古い)。聖ジャイルズ大聖堂は、約900年間エディンバラの信仰の中心地の一つであり続け、エディンバラにおけるスコットランド国教会の信仰の第一の場所です。
St. Giles’ Cathedral is known as the High Kirk of Edinburgh. The Church of Scotland has not had bishops, dioceses or cathedrals for most of its history since the Reformation. Therefore today the use of the term cathedral (which is a principal church of a diocese which contains a throne of a bishop) carries no practical meaning (And yet the High Kirk title is actually older than the Cathedral). The church has been one of the religious focal points in Edinburgh for approximately 900 years and is the principal place of worship of the religious affiliation in Edinburgh.

St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral

あざみ礼拝堂は、あざみ騎士団の礼拝堂です。あざみ礼拝堂は、聖ジャイルズ大聖堂の南東の一角に、1911年に建てられました。あざみ騎士団は、スコットランド第一の勲位です。あざみ騎士団は、中世にルーツを持ち、ジェームズ2世(スコットランド王ジェームズ7世)によって1687年に創設されました。あざみ騎士団は、スコットランド君主と16人の騎士たちで構成されています。騎士は、君主の個人的な任命であり、通常は国家内外の事項に対して重要な貢献をしたスコットランド人が任命されます。君主(現在はエリザベス2世女王)が毎年夏のはじめにエディンバラを訪れる際に、騎士団の儀式が執り行われます。ちなみに、あざみはスコットランドの国花です。
The Thistle Chapel is the chapel of the Most Ancient and Most Noble Order of the Thistle. The chapel was built in 1911 at the south-east corner of St. Giles’ Cathedral. The Order of the Thistle is the foremost Order of Chivalry of Scotland. The order has roots in the medieval times and then was founded by James II (James VII of Scotland) in 1687. The order consists of the Scottish monarch and 16 knights. The knights are the personal appointment of the monarch and are normally Scots who have made a significant contribution to national or international affairs. A service for the order is held when the monarch (currently Queen Elizabeth II) visits Edinburgh at the beginning of each summer. Any new Knights or Ladies are installed at annual services. Incidentally a thistle is the floral emblem of Scotland.

St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral

聖ジャイルズ大聖堂には、美しいステンドグラス窓があります(最古のものは1873年、最新のものは1985年)。中世にもステンドクラスはありましたが、僅かな断片が残っているのみです。宗教改革者たちは、聖人やその他が描かれるため、ステンドグラス窓を認めませんでした。
St. Giles’ Cathedral houses fine stained glass windows (the earliest dating from 1873 and the latest from 1985). There would have been stained glass in the church during the medieval times but only a few tiny fragments survive. The Reformers disapproved of stained glass windows because these often depicted saints and other images.

St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral
St. Giles' Cathedral

聖ジャイルズ大聖堂には、多くの彫刻や、モントローズ侯ジェイムズ・グラハムとその敵であった初代アーガイル侯アーチボルド・キャンベルのものを含む記念碑等があります。
St. Giles’ Cathedral houses many sculptures and notable monuments including those to James Graham (Marquis of Montrose) and his enemy Archibald Campbell (Marquis of Argyll).

エディンバラ EdinburghLatest Posts (Category)