Now stay home but someday travel

(キャッスルロックにそびえ立つ)エディンバラ城 Edinburgh Castle

(キャッスルロックにそびえ立つ)エディンバラ城 Edinburgh Castle

(観光おすすめ度★★★★★)エディンバラ城は、イギリスのスコットランドのエディンバラにある城であり、ユネスコ世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」の一部です。
Edinburgh Castle is a castle in Edinburgh, Scotland, the United Kingdom and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Old and New Towns of Edinburgh.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh

エディンバラ城は、キャッスルロックと呼ばれる岩山の上に立ち、エディンバラ全体を見下ろしています。キャッスルロックの崖は、天然の要塞となっており、東から(町から)のアプローチのみ容易です。エディンバラ城は、スコットランド王国の重要な拠点であったので、1296~1357年のスコットランド独立戦争、1571~1573年の長包囲戦や1745年のジャコバイトの反乱など、数多くの歴史上の争乱の舞台になりました。エディンバラ城では、1100年の歴史の中で26回の包囲戦があったとされており、世界で最も包囲戦があった場所の一つです。エディンバラ城は、主としてルネサンス様式で建てられており、現在の建物の多くは1571~1573年の包囲戦の後に再建されました。エディンバラ城内で最も古い現存する建築物は、聖マーガレット礼拝堂で、12世紀にロマネスク様式で建てられました。エディンバラ城には、スコットランドの王位の象徴であるオナーズオブスコットランド(宝冠、御剣「ソードオブステイト」、御笏)や宿命の石(スクーンの石)が、保管されています。エディンバラ城には、儀礼上および行政上のものではあるものの、イギリス陸軍の連隊が現在も駐屯しています。
Edinburgh Castle stands on the top of a rocky mountain called Castle Rock and dominates the whole city. The rocky mountain offers a naturally defended position with sheer cliffs to the castle and so the only easy approach is from the east (from the town). The castle was involved in many historical conflicts such as the Wars of Scottish Independence from 1296 to 1357, the Lang Siege from 1571 to 1573 and the Jacobite Rising of 1745 as the castle was one of the most important strongholds in the Kingdom of Scotland. The castle has got reportedly 26 sieges in its 1,100 year old history and has been one of the most besieged places in the world. The castle is built largely in the Renaissance style and most of the present buildings were rebuilt after the siege from 1571 to 1573. The oldest surviving building in the castle is St. Margaret’s Chapel and the chapel was built in the Romanesque style in the 12th century. The castle houses the Honours of Scotland (the Scottish regalia, namely, the Crown, the Sword of State and the Sceptre) and the Stone of Destiny (the Stone of Scone). In the castle are still stationed some regiments of the British Army even though the presence is now largely ceremonial and administrative.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

エディンバラ城の前庭は、エスプラネードと呼ばれています。エディンバラ・ミリタリー・タトゥー(軍事パレード)が、毎年8月にエスプラネードで開催されています。スコットランド連隊が、バグパイプとドラムの一団のパレードを行います。
The forecourt of Edinburgh Castle is called the Esplanade. The Edinburgh Military Tattoo takes place at the forecourt annually in August. The Scottish regiments basically perform a series of parades of the massed pipes and drums.

Edinburgh Castle

イギリス国旗とスコットランド国旗が、エディンバラ城の上にはためいています。
The national flag of the United Kingdom and the national flag of Scotland are fluttering above Edinburgh Castle.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

エスプラネードの先頭にある門楼は、エディンバラ城を飾るために1888年に建てられました。ロバート・ブルース(ロバート1世)とウィリアム・ウォレスの彫像は、1929年に加えられました。入口の前の壕は、1742年に現在の形になりました。
The Gatehouse at the head of the Esplanade was built to decorate Edinburgh Castle in 1888. Statues of Robert the Bruce (Robert I) and William Wallace were added in 1929. The dry ditch in front of the entrance was completed in its present form in 1742.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

落とし格子の門は、16世紀に建てられました。アーガイル・タワーは、落とし格子の門の上に1887年に既存の塔に置き換えられて建てられました。
The Portcullis Gate was built in the 16th century. The Argyle Tower was built on the gate in 1887 replacing an existing tower.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh

アーガイル・タワーをくぐると、アーガイル砲台です。アーガイル砲台から、エディンバラ新市街やカールトン・ヒルの景色を見渡すことができます。
After the Argyle Tower sits the Argyle Battery. The battery overlooks the New Town of Edinburgh and Calton Hill.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

ワンオクロックガンが、アーガイル砲台の西側のミルズマウント砲台に設置されています。ワンオクロックガンは、(日曜、聖金曜日およびクリスマスを除く)毎日午後1時きっかりに時刻をお知らせする空砲です。この報時砲は、3キロメートル離れたリース港やフォース湾にいる船のための時報として、1861年に始められました。報時砲は、1852年に設置されたものの霧の時には見えなくて役立たずだったネルソン・モニュメントの報時球を補完しました。空気中の音速(およそ秒速340メートル)を考慮して、エディンバラの様々な場所の報時砲の音が到着した時の実際の時間を示す地図が、1861年に作られました。
The One O’Clock Gun is placed on the Mills Mount Battery on the west of the Argyle Battery. The gun loaded with a blank is a time signal to be fired every day at precisely 1 o’clock in the afternoon (excepting Sunday, Good Friday and Christmas Day). The time gun started on the time signal service for ships in the harbour of Leith and the Firth of Forth (3 kilometres away) in 1861. The time gun complemented the Time Ball on the Nelson Monument (which was installed in 1852 but was useless as a visual signal in foggy weather). A map was produced in 1861 to show the actual time when the sound of the time gun would arrive at various locations across Edinburgh taking into account the velocity of sound in air (approximately 340 metres per second).

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

国立戦争博物館の中庭の中央には、ヘイグ伯爵の乗馬像が立っています。国立戦争博物館は、400年以上に渡るスコットランドの軍事史を取り扱っており、制服、メダルや武器など様々な軍に関係する物品を展示しています。キルト(北スコットランドのハイランド地方の伝統衣装を起源とする膝丈のプリーツつきのタータンスカート)を着た紳士達が、ナイスです。
At the centre of a courtyard of the National War Museum of Scotland stands an equestrian statue of Earl Haig. The museum covers the military history of Scotland over the past 400 years and displays various military artefacts such as uniforms, medals and weapons. Gentlemen wearing kilts (knee-length pleated tartan skirts originating the traditional dress in the Highlands of northern Scotland) look nice.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

司令官邸宅は、司令官、倉庫管理人、砲術士官の宿泊施設として、1742年に建てられました。
The Governor’s House was built in 1742 as accommodation for the Governor, Storekeeper and Master Gunner.

Edinburgh Castle

新兵舎は、グレートホールにあった宿舎の代わりに、600人の兵士のために、1799年に建てられました。新兵舎は、現在は、ロイヤル・スコットランド連隊本部およびロイヤル・スコッツ・ドラグーンガーズ連隊博物館になっています。1900年に建てられたロイヤル・スコッツ連隊のかつての訓練所の内部のロイヤル・スコッツ連隊博物館が、また、1842年に建てられ1923年まで使われた軍事刑務所が、近くにあります。
The New Barracks were completed in 1799 to replace the outdated accommodation in the Great Hall and to house 600 soldiers. The barracks now house the Regimental Headquarters of the Royal Regiment of Scotland and the Royal Scots Dragoon Guards Museum. The Royal Scots Regimental Museum in the former Royal Scots drill hall built in 1900 is located nearby. And also the military prison built in 1842 and used until 1923 is located near by.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

フーグ門は、キャッスルロックの最も高い場所にあるエディンバラ城の上階層(内城)への門です。フーグ門は、17世紀に建てられました。
The Foog’s Gate is a gate to the upper ward (citadel) of Edinburgh Castle on the highest part of the Castle Rock. The gate was built in the 17th century.

Edinburgh Castle

モンス・メグが、聖マーガレット礼拝堂の前のテラスに展示されています。モンス・メグは、重さ5.9トンの巨大な包囲戦の大砲です。約50キログラムの重さの巨大な砲弾も、メグの側に展示されています。メグは、1449年に造られました。メグは、1558年7月3日にスコットランド女王メアリー1世(メアリー・ステュアート)とフランス王太子フランソワ(フランソワ2世)との結婚を祝い礼砲を撃ちました。残念なことに、1681年10月30日にオルバニー公(後のジェームズ2世(スコットランド王ジェームズ7世))のエディンバラ到着のための礼砲を撃った際に砲身内で暴発して以来、機能を失ったままとなっています。
Mons Meg is displayed on a terrace in front of St. Margaret’s Chapel. She is a big siege gun weighing 5.9 tons. Some of her large gun stones weighing about 150kg each are displayed alongside her. She was made in 1449. She was fired in salute to celebrate the marriage of Mary I of Scotland (Queen of Scots also known as Mary Stuart) to the French dauphin (François II) on 3 July 1558. Unfortunately she has been defunct since her barrel burst while firing a salute to greet the Duke of Albany (the future James II (James VII of Scotland)) on his arrival in Edinburgh on 30 October 1681.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

テラスから、アーガイル砲台などのエディンバラ城の下階層やエディンバラの新市街を見渡すことができます。ラング階段が、テラスの隣にあります。ラング階段は、下層のアーガイル砲台に続き、また、アーガイル・タワーの上階層にもつながっています。
The terrace overlook the lower ward of Edinburgh Castle (such as the Argyle Battery) and the New Town of Edinburgh. The Lang Stair is located next to the terrace. The stair leads down to the battery on the lower ward and also gives access to the upper storey of the Argyle Tower.

Edinburgh Castle

フォアウォール砲台は、1689~1695年に建てられました。一方、ハーフムーン砲台は、エディンバラ城の東側に張り出した特徴的な砲台で、デイヴィッズ・タワーの跡に1573~1588年に建てられました。
The Forewall Battery was built from 1689 to 1695. Meanwhile the Half Moon Battery remains a prominent feature on the east side of Edinburgh Castle and was built around and over the ruins of David’s Tower from 1573 to 1588.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

聖マーガレット礼拝堂は、エディンバラで最も古い建物です。聖マーガレット礼拝堂は、12世紀にデイヴィッド1世によってロマネスク様式で建てられました。聖マーガレット礼拝堂は、デイヴィッド1世の母であり1093年にエディンバラ城で亡くなったマーガレット・オブ・スコットランドに献堂された王室の私用の礼拝堂でした。聖マーガレット礼拝堂は、現在でも結婚式などの宗教行事に使用されています。
St. Margaret’s Chapel is the oldest building in Edinburgh. The chapel was built in the Romanesque style by King David I in the 12th century. The chapel was a private chapel for the royal family dedicated to St. Margaret of Scotland (the mother of King David I and died in the castle in 1093). The chapel is still used for religious ceremonies such as weddings.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

王宮は、クラウンスクエアに面して立っています。クラウンスクエアは、東に王宮、南に大広間、西にクイーン・アン棟、北に国立戦争記念館によって、形作られています。クラウンスクエアは、ジェームズ3世の治世の15世紀に設計されました。王宮内のクラウンルームには、スコットランドの王位の象徴であるオナーズ・オブ・スコットランド(宝冠、御剣「ソード・オブ・ステイト」、御笏)と伝統的にスコットランド君主がこの上で戴冠したスクーンの石(宿命の石)が、展示されています。クラウンルームは、1615年に建てられました。
The Royal Palace stands on Crown Square. The square is formed by the palace to the east, the Great Hall to the south, the Queen Anne Building to the west and the National War Memorial to the north. The square was laid out in the 15th century during the reign of James III. The Crown Room in the palace displays the Honours of Scotland (the Scottish regalia, namely, the Crown, the Sword of State and the Sceptre) and the Stone of Scone (the stone which the monarchs of Scotland were traditionally crowned upon and which is also known as the Stone of Destiny). The room was built in 1615.

Edinburgh Castle

スコットランド君主は、伝統的にスクーンの石の上で戴冠しました。しかし、イングランド王エドワード1世は、1296年に戦利品としてスクーンの石をウェストミンスター寺院に持ち去りました。スクーンの石は、エドワード王の椅子として知られる木製の椅子に設置されました。続くほとんどのイングランドの君主は、その椅子の上に座って戴冠してきました。エドワード1世は、スコットランドの最高権力者としての地位を求めたのでした。その後、スクーンの石は、1996年についにスコットランドに返還されました(ただし、ウェストミンスター寺院で戴冠式が行われる際には、スクーンの石は再びスコットランドを離れます)。
The monarchs of Scotland were traditionally crowned upon the Stone of Scone. However Edward I of England took the stone to Westminster Abbey as one of spoils of war in 1296. The stone was fitted into a wooden chair known as King Edward’s Chair. Most subsequent English sovereigns have been crowned on the chair. Edward I sought to claim his status as the Lord Paramount of Scotland. Afterwards the stone was finally returned to Scotland in 1996 (And yet the stone will leave Scotland again when a coronation takes place in Westminster Abbey).

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

1306年のロバート・ブルース(ロバート1世)の戴冠が、再現されています。
The coronation of Robert the Bruce (Robert I) in 1306 is recreated.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

オナーズ・オブ・スコットランドは、スコットランドの王位の象徴であり、宝冠、御剣「ソード・オブ・ステイト」、御笏)です。実物の写真撮影は禁止されており、これらは複製です。
The Honours of Scotland is the Scottish regalia, namely, the Crown, the Sword of State and the Sceptre. Photography for the regalia is prohibited. These are the replicas.

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh

大広間は、1511年にジェームズ4世によって建てられ、エディンバラ城の中枢に立っています。大広間は、証拠はないもののスコットランド議会の会場として使われていたそうです。大広間は、現在も時折儀礼的行事に用いられています(イギリス放送協会のスコットランドの大晦日の生放送の会場としても使用されている)。
The Great Hall was completed in 1511 by James IV and stands at the heart of Edinburgh Castle. The hall was reportedly the chief place of state assembly in the castle even though there is no evidence that the Parliament of Scotland ever met at the hall. The hall is still occasionally used for ceremonial occasions (and has been also used as a venue on Hogmanay for BBC Scotland’s Hogmanay Live programme).

Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle
Edinburgh Castle

国立戦争記念館は、1927年に開館しました。外観は、ガーゴイルや彫刻によって装飾されています。一方、内部は個々の連隊の記念碑が収められています。国立戦争記念館は、2つの世界大戦や以降の紛争で亡くなった約20万人のスコットランド兵士やスコットランドの連隊に仕えた人々を称えています。
The National War Memorial was opened in 1927. The exterior is decorated with gargoyles and sculptures. Meanwhile the interior contains monuments to individual regiments. The memorial building commemorates approximately 200 thousand Scottish soldiers and those serving with Scottish regiments who died in the 2 world wars and in more recent conflicts.

エディンバラ EdinburghLatest Posts (Category)