Now stay home but someday travel

(中世の街の南門の側にあった)聖ボトルフ教会 St. Botolph’s Church

(中世の街の南門の側にあった)聖ボトルフ教会 St. Botolph’s Church

(観光おすすめ度★★☆☆☆)聖ボトルフ教会は、イギリスのイングランドのケンブリッジにある教会です。
St. Botolph’s Church is a church in Cambridge, England, the United Kingdom.

St. Botolph's Church

聖ボトルフ教会は、イングランド国教会の教区教会です。聖ボトルフ教会は、7世紀のイングランドの修道院長であり旅人の守護聖人である聖ボトルフに献堂されています。聖ボトルフ教会は、中世の街の南門の側にありました。南や西からの旅人は、南門を通って街に入りました。現在のゴシック様式の建物は、ほぼ、14世紀にさかのぼります。
St. Botolph’s Church is a parish church of the Church of England. The church is dedicated to Botolph (an English abbot in the 7th century and a patron saint of travellers). The church was by the south gate of the medieval town. Travellers from the south and the west entered the town through the gate. The present Gothic building mostly dates from the 14th century.

ケンブリッジ CambridgeLatest Posts (Category)