Now stay home but someday travel

(ウィリアム・ウィルキンスの会心の作)コーパス・クリスティ・カレッジ Corpus Christi College

(ウィリアム・ウィルキンスの会心の作)コーパス・クリスティ・カレッジ Corpus Christi College

(観光おすすめ度★★★☆)コーパス・クリスティ・カレッジは、イギリスのイングランドのケンブリッジにあるカレッジです。
Corpus Christi College is a college in Cambridge, England, the United Kingdom.

Corpus Christi College
Corpus Christi College
Corpus Christi College
Corpus Christi College

コーパス・クリスティ・カレッジは、ケンブリッジ大学を構成するカレッジで、6番目に古いカレッジです。コーパス・クリスティ・カレッジは、1352年に創設されました。新中庭と呼ばれるゴシック・リヴァイヴァル様式の正面の中庭は、ウィリアム・ウィルキンスによって設計され、1827年に完成しました。彼は、カレッジの礼拝堂に埋葬されています。彼は、キングス・カレッジの正面のカーテンウォールやロンドンのナショナル・ギャラリーの設計も行いましたが、コーパスをお気に入りと考えました。
Corpus Christi College (the College of Corpus Christi and the Blessed Virgin Mary) is a constituent college of the University of Cambridge and is the 6th oldest college of the university. The college was founded in 1352. The Gothic Revival front court called New Court was designed by William Wilkins and was completed in 1827. He is buried in the college chapel. He considered Corpus to be his favourite work though he also designed the curtain wall in front of King’s College and the National Gallery (in London).

Corpus Christi College
Corpus Christi College

古中庭は、14世紀に建てられました。古中庭には、ケンブリッジにおいて最も古い建物うちのいくつかがあり、その当初の特徴の多くを残しています。
Old Court was built in the 14th century. The court contains some of the oldest buildings in Cambridge and retains many of its original features.

Corpus Christi College
Corpus Christi College

現在の礼拝堂は、新中庭とともに1827年に完成しました。礼拝堂は、同じくウィリアム・ウィルキンスによって設計されましたが、いくつかの中世のガラスや特徴を含んでいます。
The current college chapel was completed in 1827 along with New Court. The chapel was designed by William Wilkins as well but includes some medieval glass and features.

ケンブリッジ CambridgeLatest Posts (Category)