Now stay home but someday travel

(大門がそびえ立つ)クライスツ・カレッジ Christ’s College

(大門がそびえ立つ)クライスツ・カレッジ Christ’s College

(観光おすすめ度★★☆☆☆)クライスツ・カレッジは、イギリスのイングランドのケンブリッジにあるカレッジです。
Christ’s College is a college in Cambridge, England, the United Kingdom.

Christ's College

クライスツ・カレッジは、ケンブリッジ大学を構成するカレッジです。元々のカレッジが、1437年に「神の家」としてキングス・カレッジの場所に創設され、1448年に現在の場所に移りました。その後、このゴシック様式のカレッジは、1505年にヘンリー7世の母であるマーガレット・ボーフォートによって基本金を寄付され、現在の名前が与えられました。
Christ’s College is a constituent college of the University of Cambridge. The original college was founded on the site of King’s College as God’s House in 1437 and moved to the current site in 1448. After wards this Gothic college was endowed by Lady Margaret Beaufort (mother of Henry VII of England) in 1505 and was given the current name.

ケンブリッジ CambridgeLatest Posts (Category)