Now stay home but someday travel

(イギリス文化の心)パブ British pubs

(イギリス文化の心)パブ British pubs

(観光おすすめ度★★★★★)パブは、伝統的に(エールなどの)ビールやサイダー(シードル)などのアルコール飲料を提供する社交場です。
British pubs are social establishments serving alcoholic drinks traditionally including beer (such as ale) and cider.

A British pub
A British pub
Fish and chips
Fish and chips

パブは、イギリス文化において重要なものです。パブは、根源はローマ時代のタヴァンあるいはイン(居酒屋、宿屋)にたどることができ、アングロ・サクソン人のエールハウスを通し、19世紀のタイドハウス(特約居酒屋)の仕組みに発展しました。1393年に、リチャード2世は、売られているエールの質を評価するエール試飲者が店を見つけられやすくするように店の外に看板を出すように法律を作りました。パブは、多くの場所、とくに村では、コミュニティの集合場所です。たいていのパブでは、ワイン、蒸留酒、清涼飲料、食事、軽食も出しますが、ビールやシードルが主力です。イギリスのパブが出すビールの3つの種類は、ビター(ペールエール)、スタウト、ラガーです。ビターは、コークスで乾燥された麦芽から作られたエール(上面発酵のビール)で、イギリスでは他のエールやラガービールよりも人気があります。スタウトは、暗い色のエールで、ギネス・ドラフト(世界で最も売れているスタウト)がよい例です。ラガー(下面発酵のビール)は、日本を含む世界中で最も人気のあるビールの種類です。シードルは、りんごのお酒です。日本では、サイダーはレモネードのことを意味し、リンゴ酒はフランス語から拝借してシードルと呼ばれています。
British pubs are a prominent part of British culture. Pubs can be traced back to Roman taverns or inns through the Anglo-Saxon alehouse to the development of the tied house system in the 19th century. In 1393 King Richard II of England introduced legislation that pubs had to display a sign outdoors to make them easily visible for passing ale tasters who would assess the quality of ale sold. In many places, especially in villages, each of pubs is the focal point of the community. Most pubs focus on offering beers and cider though they also serve wines, spirits, soft drinks, meals and snacks. The 3 types of beer which the British pubs offer are bitter (or pale ale), stout and lager. Bitter is an ale (a top-fermented beer) made from malt dried with coke (Coke was first used for roasting malt in 1642) and is more popular than other ales and lager beers in the United Kingdom. Stout is a dark ale and can be exemplified by Guinness Draught (the best selling stout in the world). Lager (a bottom-fermented beer) is a type of beer which is the most popular around the world including Japan. Cider is an alcoholic beverage made from the fermented juice of apples. In Japan cider means lemonade and so the apple alcoholic beverage is referred to as cidre (borrowed from French).

A British pub
A British pub
Fish and chips
The Sunday roast

多くの都会のパブには、普通、サンドイッチや、ポークスクラッチング(豚の皮を油で揚げた食品)、塩漬けの卵、塩チップス、ピーナッツなどのビールの売上げを上げる軽食しかありません。時々ロンドンの友達とカウンターで1杯飲んでは次のパブに行く「パブクロール」をしたことを思い出します。他のパブには、ミートパイ、シェパーズパイ(イギリスのミートパイ)、フィッシュアンドチップス、バンガーズアンドマッシュ(マッシュポテト添えソーセージ)、サンデーロースト、パスティなどがあります。
Many urban pubs generally serve just sandwiches and bar snacks such as pork scratchings, pickled eggs, salted crisps and peanuts which help to increase beer sales. I remember that I sometimes went on a pub-crawl drink (a tour of pubs (usually taking one drink at a bar at each stop)) with my friends in London. Other pubs serve food such as meat pies, shepherd’s pie, fish and chips, bangers and mash, the Sunday roast and pasties.

イギリス The United KingdomLatest Posts (Category)