Now stay home but someday travel

(ジョージ王朝時代のインド・サラセン様式の宮殿)ロイヤル・パビリオン The Royal Pavilion

(ジョージ王朝時代のインド・サラセン様式の宮殿)ロイヤル・パビリオン The Royal Pavilion

(観光おすすめ度★★★★★)ロイヤル・パビリオンは、イギリスのイングランドのブライトンにある宮殿です。
The Royal Pavilion is a palace in Brighton, England, the United Kingdom.

The Royal Pavilion

ロイヤル・パビリオンは、かつての王室の住まいです。ロイヤル・パビリオンは、1787年に後のジョージ4世であるプリンス・オブ・ウェールズのために建設されました。
The Royal Pavilion is a former royal residence. The pavilion was constructed in 1787 for the Prince of Wales (who later became George IV).

The Royal Pavilion
The Royal Pavilion
The Royal Pavilion

ロイヤル・パビリオンは、1815~1823年に増築され、19世紀にインドで流行したインド・サラセン様式に改装されました。また、内装は、中国風とインド風(ムガルとイスラム建築の要素をつけて)の影響を受けました。ロイヤル・パビリオンは、摂政王太子の頃の古典主義の様式を主流とする趣の代わりとなった異国風の第一の実例です。
The Royal Pavilion was enlarged from 1815 to 1823 and was refurbished in the Indo-Saracenic style prevalent in India in the 19th century. Furthermore the interior design was heavily influenced by both Chinese and Indian fashion (with Mughal and Islamic architectural elements). The pavilion is a prime example of the exoticism that was an alternative to more classicising mainstream taste in the Regency style.

ブライトン BrightonLatest Posts (Category)