Now stay home but someday travel

(ジョージアン建築の最も偉大な実例)ロイヤルクレッセント The Royal Crescent

(ジョージアン建築の最も偉大な実例)ロイヤルクレッセント The Royal Crescent

(観光おすすめ度★★★★★)ロイヤルクレッセントは、イギリスのイングランドのバースにある棟続きの家の一列であり、ユネスコ世界遺産「バース市街」の一部です。
The Royal Crescent is a row of terraced houses in Bath, England, the United Kingdom and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the City of Bath.

The Royal Crescent

ロイヤルクレッセントは、広く見渡すことができる三日月型の街路に並ぶ30軒の棟続きの家(テラスハウス)の一列です。ロイヤルクレッセントは、1767~1774年に新古典主義様式で建てられました。ロイヤルクレッセントは、イギリスのジョージアン建築の最も偉大な実例です。壮観なジョージアンの石造りの外見は、最初に建てられた時のままに残されています。
The Royal Crescent is a row of 30 terraced houses laid out in a sweeping crescent. The row was built in the Neoclassical style from 1767 to 1774. The row is among the greatest examples of Georgian architecture in the United Kingdom. The glorious Georgian stone facade remains much as it was when it was first built.

The Royal Crescent
The Royal Crescent
The Royal Crescent
The Royal Crescent
The Royal Crescent
The Royal Crescent

ロイヤルクレッセントの30軒のテラスハウスのうち10軒は、いまなお標準テラスハウスです。18軒は、様々な大きさのフラットに分けられています。残りは、1番地のナンバー1ロイヤルクレッセント(博物館)、16番地のロイヤルクレッセント・ホテルです。
10 terraced houses of the Royal Crescent out of 30 are still full terraced houses. 18 have been split into flats of various sizes. The rest are No. 1 Royal Crescent (museum) at number 1 and the Royal Crescent Hotel at number 16.

The Royal Crescent

ナンバー1ロイヤルクレッセントは、ジョージアン時代の家庭生活を描く本物の部屋のセット、家具、絵画、他のアイテムを展示しています。
No. 1 Royal Crescent displays authentic room sets, furniture, pictures and other items illustrating Georgian domestic life.

バース BathLatest Posts (Category)