Now stay home but someday travel

(オスマン帝国スルタンが住んだ)トプカプ宮殿 The Topkapı Palace

(オスマン帝国スルタンが住んだ)トプカプ宮殿 The Topkapı Palace

(観光おすすめ度★★★★★)トプカプ宮殿は、トルコのイスタンブールにある宮殿であり、ユネスコ世界遺産「イスタンブール歴史地域」の一部です。
The Topkapı Palace is a palace in Istanbul, Turkey and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Areas of Istanbul.

The Topkapı Palace

トプカプ宮殿は、オスマン帝国のスルタンの主な住まいの一つでした。トプカプ宮殿の建設は、征服者メフメト2世の命令によって1459年に始まりました。トプカプ宮殿は、ほぼ400年間、1478~1853年に皇帝の住まいとして使用されました。トプカプ宮殿は、元々は「新宮殿」と呼ばれていましたが、後に「大砲の門」を意味する現在の名前を与えられました。トプカプ宮殿は、宮廷が去った後も、帝国の国庫、図書館、造幣局を含む宮殿機能のいくつかを残しました。トプカプ宮殿は、オスマン帝国の終焉の後、1924年に博物館に改められました。
The Topkapı Palace was one of the major residences of the Ottoman sultans. The construction of the palace began in 1459 ordered by Mehmed the Conqueror. The palace was used as a royal residence for almost 400 years from 1478 to 1853. The palace was originally called the New Palace and was later given the current name meaning Cannon Gate. The palace retained some of its functions including the imperial treasury, library and mint even after the royal court left. The palace was transformed into a museum in 1924 following the end of the Ottoman Empire.

イスタンブール IstanbulLatest Posts (Category)