Now stay home but someday travel

(オスマン・バロック様式)ヌルオスマニイェ・モスク The Nuruosmaniye Mosque

(オスマン・バロック様式)ヌルオスマニイェ・モスク The Nuruosmaniye Mosque

(観光おすすめ度★★☆☆☆)ヌルオスマニイェ・モスクは、トルコのイスタンブールにあるモスクです。
The Nuruosmaniye Mosque is a mosque in Istanbul, Turkey.

The Nuruosmaniye Mosque

ヌルオスマニイェ・モスクは、イスタンブールの7つの丘の一つの上に立っています。ヌルオスマニイェ・モスクは、1748年にマフムト1世によって建設が命じられ、1755年に後継者であるオスマン3世によって完成しました。 ヌルオスマニイェ・モスクは、オスマン3世の名前とその174個の窓から「オスマンの光」と名づけられました。ヌルオスマニイェ・モスクは、 オスマン・バロック様式の最も素晴らしい実例の一つと考えられています。ヌルオスマニイェ・モスクのドームは、アヤソフィア、スレイマニエ・モスク、ファティ・モスクに次いで、イスタンブールで4番目の大きさです。ヌルオスマニイェ・モスクは、2016年にトルコのユネスコ世界遺産の暫定リストに登録されました。
The Nuruosmaniye Mosque stands on one of the seven hills of Istanbul. The mosque was commissioned by Sultan Mahmut I in 1748 and completed by his successor Sultan Osman III in 1755. The mosque was named the light of Osman after the sultan and also because of its 174 windows. The mosque is considered one of the finest examples of mosques in the Ottoman Baroque style. The dome of the mosque is the fourth largest in the city behind the Hagia Sophia, Süleymaniye Mosque and Fatih Mosque. The mosque was inscribed in the Tentative list of World Heritage Sites in Turkey in 2016.

イスタンブール IstanbulLatest Posts (Category)