Now stay home but someday travel

(コンスタンティノープルの社会の中心)コンスタンティノープル競馬場 The Hippodrome of Constantinople

(コンスタンティノープルの社会の中心)コンスタンティノープル競馬場 The Hippodrome of Constantinople

(観光おすすめ度★★★★☆)コンスタンティノープル競馬場は、トルコのイスタンブールにある広場であり、ユネスコ世界遺産「イスタンブール歴史地域」の一部です。
The Hippodrome of Constantinople is a square in Istanbul, Turkey and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Areas of Istanbul.

The Hippodrome of Constantinople
The Hippodrome of Constantinople
The Hippodrome of Constantinople

コンスタンティノープル競馬場(ヒッポドローム)は、古代世界でよく親しまれた競馬や戦車競争が行われた野外大円形競技場です。最初の競馬場は、イスタンブールがビュザンティオンと呼ばれていた203年に皇帝セプティミウス・セウェルスによって建設されました。大帝コンスタンティヌス1世は、324年にローマからビュザンティオンに遷都し、都市はコンスタンティノープルと呼ばれるようになりました。大帝コンスタンティヌス1世は、競馬場を改築しました。コンスタンティノープル競馬場の大きさは、長さ 450 メートルで幅 130 メートルと推定されています。観客席には、10万人を収容することができました。コンスタンティノープル競馬場は、東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルの社会の中心でした。今日、コンスタンティノープル競馬場は、元々の構造物の少ない断片があるだけで、スルタン・アフメト広場という名の広場となっています。蛇の柱は、大帝コンスタンティヌス1世によってデルポイのアポローン神殿から運ばれました。蛇の柱は、紀元前5世紀のペルシア戦争におけるギリシャのペルシアに対する勝利を記念して鋳造されました。トトメス3世のオベリスクは、390年に大帝テオドシウス1世によってエジプトから運ばれ、ほぼ3500年間、とても良好な状態で残っています。コンスタンティノス7世のオベリスクは、10世紀に再建され、第4回十字軍によって奪い去られた金メッキの青銅の飾り板で元々は覆われていました。
The Hippodrome of Constantinople was a circus where horse racing and chariot racing being popular in the ancient world took place. The first hippodrome was built by the Emperor Septimius Severus in 203 when Istanbul was called Byzantium. The Emperor Constantine the Great moved the seat of the government from Rome to the city in 324 and the city became known as Constantinople. The emperor renovated the hippodrome. It is estimated that the hippodrome was about 450 meters long and 130 meters wide. Its stands were capable of holding 100,000 spectators. The hippodrome was the social centre of the city which was the capital of the Byzantine Empire. Today the hippodrome is a square named Sultanahmet Meydanı (Sultan Ahmet Square) with a few fragments of the original structure surviving. The Serpent Column was brought by the emperor from the Temple of Apollo at Delphi. The column was cast to celebrate the victory of the Greeks over the Persians during the Persian Wars in the 5th century BC. The Obelisk of Thutmose was brought by Theodosius the Great from Egypt in 390 and has survived nearly 3,500 years in astonishingly good condition. The Walled Obelisk was reconstructed of roughly cut stones by Constantine VII in the 10th century. The obelisk as originally covered with gilded bronze plaques sacked by Latin troops in the Fourth Crusade.

イスタンブール IstanbulLatest Posts (Category)