Now stay home but someday travel

(ヴィスビュー輪壁に立つ船乗り達の陸標)ダルマン塔 The Dalman Tower

(ヴィスビュー輪壁に立つ船乗り達の陸標)ダルマン塔 The Dalman Tower

(観光おすすめ度★★★☆☆)ダルマン塔は、スウェーデンのヴィスビューにある市門であり、ユネスコ世界遺産「ハンザ同盟都市ヴィスビュー」の一部です。
The Dalman Tower is a city gate Visby, Sweden and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Hanseatic Town of Visby.

The Dalman Tower
The Dalman Tower

ダルマン塔は、ヴィスビューの市壁の最初期の門楼として建てられました(ヴィスビュー市壁は、ヴィスビュー輪壁と呼ばれている)。ダルマン塔は、17メートルの高さがあり、船乗り達の陸標でした。石の子羊が、ダルマン塔で、ヴィスビューを防衛しています。子羊は、ヴィスビューの象徴で、ヴィスビューの紋章にも描かれています。
The Dalman Tower was built as a gate tower of the earliest city walls of Visby (Visby City Walls are called Visby Ring Wall). The tower is 17 meters high and was a landmark for mariners. A stone lamb is defending the city at the tower. A lamb is a symbol of the city and is depicted on the coat of arms.

The Dalman Tower

ダルマン塔には、城壁と同じくらいの高さの小さな木造の展望台があります。展望台から、ヴィスビューの街並みとヴィスビュー大聖堂の塔が見えます。
The Dalman Tower has a small wooden viewing platform which is as high as the city wall. The viewing platform overlooks a view of the townscape of Visby and the towers of Visby Cathedral.

ヴィスビュー VisbyLatest Posts (Category)