Now stay home but someday travel

(ヴィズビュー市民に報復された教会の遺跡)聖ドロッテン教会 Sankt Drotten Church

(ヴィズビュー市民に報復された教会の遺跡)聖ドロッテン教会 Sankt Drotten Church

(観光おすすめ度★★★☆☆)聖ドロッテン教会は、スウェーデンのヴィスビューにある遺跡であり、ユネスコ世界遺産「ハンザ同盟都市ヴィスビュー」の一部です。
Sankt Drotten Church (the Church of Our Lord) is a complex of ruins in Visby, Sweden and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Hanseatic Town of Visby.

Sankt Drotten Church
Sankt Drotten Church
Sankt Drotten Church

聖ドロッテン教会は、主に13~14世紀の間に建てられました。聖ドロッテン教会は、聖三位一体に献堂されましたが、古代ノルウェー語で主や王を意味するドロッテン(神を参照している)と呼ばれました。聖ドロッテン教会は、1525年にリューベックの軍隊によって街を強奪された報復に、ヴィズビュー市民によって略奪されました。
Sankt Drotten Church (the Church of Our Lord) was constructed mainly during the 13th and 14th centuries. The church was dedicated to the Holy Trinity but called Sankt Drotten after an Old Norse word meaning Lord or King (referring to God). The church was sacked by the citizens of Visby in 1528 in revenge for the plundering of their town by the army of Lübeck in 1525.

ヴィスビュー VisbyLatest Posts (Category)