Now stay home but someday travel

(ドイツ教会としても知られる)聖ゲルトルード教会 St. Gertrude’s Church

(ドイツ教会としても知られる)聖ゲルトルード教会 St. Gertrude’s Church

(観光おすすめ度★★☆☆☆)聖ゲルトルード教会は、スウェーデンのストックホルムにある教会です。
St. Gertrude’s Church (the German Church) is a church in Stockholm, Sweden.

St. Gertrude's Church

聖ゲルトルード教会は、スウェーデン国教会のドイツの聖ゲルトルードの教区に属する教区教会です。聖ゲルトルード教会は、ゴシック・リヴァイヴァル様式で建てられています。聖ゲルトルード教会は、旅行者の守護聖人であるニヴェルのゲルトルードに献堂されています。現在の教会の場所に、ニヴェルのゲルトルードのギルドが、ドイツ商人によって14世紀に創設され、その後、ギルドの本部は、16世紀頃に徐々に教会に建て替えられました。煉瓦の塔と銅被覆の尖塔は、1878年に完成しました。尖塔は、86メートルの高さがあります。
St. Gertrude’s Church (the German Church) is a parish church belonging to the German Saint Gertrude Parish of the Church of Sweden. The church is built in the Gothic Revival style. The church is dedicated to Gertrude of Nivelles (a patron saint of travellers). On the location for the present church a German guild of the saint was founded by German merchants in the 14th century and subsequently the headquarters of the guild was gradually rebuilt into a church around the 16th century. The brick tower and the copper covered spire were completed in 1878. The spire is 86 metres high.

ストックホルム StockholmLatest Posts (Category)