Now stay home but someday travel

(鉄の広場)イェルントルゲット Järntorget

(鉄の広場)イェルントルゲット Järntorget

(観光おすすめ度★★★☆☆)イェルントルゲットは、スウェーデンのストックホルムにある広場です。
Järntorget (the Iron Square) is a square in Stockholm, Sweden.

Järntorget

イェルントルゲット(鉄の広場)は、ストックホルムで2番目に古い広場(ストールトルゲットよりわずかに若い)で、1300年頃にさかのぼります。イェルントルゲットは、数世紀の間、ストックホルムの最も重要な交易の中心であり続けました。イェルントルゲットは、元々は「穀物広場」と呼ばれていましたが、1489年に「鉄の広場」と初めて述べられました。両方の名前は、鉄の交易が穀物の交易を重要性で上回った1513年まで並行して用いられました。
Järntorget (the Iron Square) is the 2nd oldest square (slightly younger than Stortorget) in Stockholm and dates back to around 1300. The square remained the most important trade centre of the city for centuries. The square was first mentioned as Järntorget in 1489 though was originally called Korntorget (the Grain Square) and Both names were used in parallel until 1513 when iron trade had surpassed grain trade in importance.

Järntorget
Järntorget
Järntorget

エバート・タウベの像が、イェルントルゲットの一角にあります。彼は、スウェーデンの作家、芸術家、作曲家、歌手でした。彼は、最も尊敬を集めるスウェーデンの音楽家の一人であり主要な20世紀のスウェーデンの民間伝承の物語詩の叙情詩人として、広く知られています。
The statue of Evert Taube is placed at the corner of Järntorget. He was a Swedish author, artist, composer and singer. He is widely regarded as one of the most respected Swedish musicians and the foremost troubadour of the Swedish ballad tradition in the 20th century.

ストックホルム StockholmLatest Posts (Category)