Now stay home but someday travel

(最古の現存するムーア人の庭園の一つ)ヘネラリフェ The Generalife

(最古の現存するムーア人の庭園の一つ)ヘネラリフェ The Generalife

(観光おすすめ度★★★★★)ヘネラリフェは、スペインのグラナダにある庭園であり、ユネスコ世界遺産「グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン」の一部です。
The Generalife is a complex of gardens in Granada, Spain and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Alhambra, Generalife and Albayzin, Granada.

The Generalife

ヘネラリフェは、太陽の丘の斜面にある庭園です。ヘネラリフェは、1319年以前に建設されたようで、最も古い現存するムーア人の庭園の一つです。
The Generalife is a complex of gardens on the slopes of the Hill of the Sun. The complex of gardens seemed to be built before 1319 and is one of the oldest surviving Moorish gardens.

The Generalife
The Generalife
The Generalife

ヘネラリフェは、ナスル朝の支配者達の夏の宮殿でした。
The Generalife was a summer palace for the Nasrid rulers.

The Generalife

ヘネラリフェからは、アルハンブラ宮殿を一望することができます。
The Generalife overlooks a view of the Alhambra.

The Generalife
The Generalife

水路の中庭は、ヘネラリフェの最も重要な場所です。水路の中庭は、長さ48.7メートル、幅12.8メートルの大きさで、花壇、噴水、柱廊、あずまやに枠取られた長いプールがあります。
The Patio de la Acequia (the Court of the Water Channel) is the most important part of the Generalife. The court is 48.7 metres long by 12.8 wide and has a long pool framed by flowerbeds, fountains, colonnades and pavilions.

グラナダ GranadaLatest Posts (Category)