(旧市壁)コルドバのローマ城壁 The Roman Walls of Córdoba

(旧市壁)コルドバのローマ城壁 The Roman Walls of Córdoba

(観光おすすめ度★★☆☆☆)コルドバのローマ城壁は、スペインのコルドバにある一連の城塞壁であり、ユネスコ世界遺産「コルドバ歴史地区」の一部です。
The Roman Walls of Córdoba (Murallas de Córdoba) are a sequence of defensive walls in Córdoba, Spain and are a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Córdoba.

The Roman Walls of Córdoba
The Roman Walls of Córdoba

コルドバのローマ城壁は、ローマ人がコルドバを征服した紀元前206年以降に建てられ、かつて街を囲んでいました。アルモドバル門は、コルドバで3つのみ生き残っている中世の門の一つで、アラブ起源の門です。
The Roman Walls of Córdoba (Murallas de Córdoba) were built after the Romans captured Córdoba in 206 BC and once surrounded the city. The Almodovar Gate is one of the only 3 survived medieval gates in the city and is a gate of Arabic origin.