Now stay home but someday travel

(ナスル朝に対する拠点)キリスト教徒の王たちのアルカサル The Alcázar de los Reyes Cristianos

(ナスル朝に対する拠点)キリスト教徒の王たちのアルカサル The Alcázar de los Reyes Cristianos

(観光おすすめ度★★★★☆)キリスト教徒の王たちのアルカサルは、スペインのコルドバにある城であり、ユネスコ世界遺産「コルドバ歴史地区」の一部です。
The Alcázar de los Reyes Cristianos (the Castle of the Christian Monarchs) is a castle in Córdoba, Spain and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Córdoba.

The Alcázar de los Reyes Cristianos
The Alcázar de los Reyes Cristianos

キリスト教徒の王たちのアルカサルの場所には、元々、中世のはじめには、西ゴート族の要塞がありました。その後、ウマイヤ朝は、要塞を彼らの宮殿に再建しました。コルドバは、重要な政治および文化の中心として栄え、王宮は浴場、庭園、大きな図書館が併設され拡張されました。
The site of the Alcázar de los Reyes Cristianos (the Castle of the Christian Monarchs) was occupied by a Visigoth fortress in early medieval times. Subsequently the Umayyad rebuilt the structure as their palace. Córdoba flourished as an important political and cultural centre and the palace was expanded to a very large compound with baths, gardens and a large library.

The Alcázar de los Reyes Cristianos
The Alcázar de los Reyes Cristianos

コルドバは、レコンキスタの間、1236年にカスティーリャ王フェルナンド3世によって陥落しました。カスティーリャ王アルフォンソ11世は、1386年に古い要塞の一部の上にムデハル様式で今日に残る構造の建設を開始しました。他の部分は、戦利品として、司教、貴族、カラトラーバ騎士団に与えられました。カスティーリャ女王イザベル1世とアラゴン王フェルナンド2世は、スペインでの異端審問の場、またグラナダのナスル朝に対する拠点(ナスル朝への攻撃は1492年に完結しました)として、アルカサルを用いました。
Córdoba was captured by Ferdinand III of Castile in 1236 during the Reconquista. Alfonso XI of Castile began building the present day structure in the Mudéjar style on part of the site for the old fortress in 1328. Other parts had been given as spoils to the bishop, nobles and the Order of Calatrava. Isabella I of Castile and Ferdinand II of Aragon used the Alcázar for a tribunal of the Spanish Inquisition and also as a base for their campaign against the Nasrid dynasty in Granada (the campaign against the dynasty succeeded in 1492).

コルドバ CordobaLatest Posts (Category)