Now stay home but someday travel

(北のヴェネツィア)アムステルダムの運河 The Canals of Amsterdam

(北のヴェネツィア)アムステルダムの運河 The Canals of Amsterdam

(観光おすすめ度★★★★★)オランダのアムステルダムの運河は、ユネスコ世界遺産「アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域」を含む歴史的な運河です。
The canals of Amsterdam, the Netherlands are historic canals including the UNESCO World Heritage Site, the Seventeenth-century canal ring area of Amsterdam inside the Singelgracht.

The Canals of Amsterdam
The Canals of Amsterdam
The Canals of Amsterdam
The Canals of Amsterdam

アムステルダムは、「北のヴェネツィア」と呼ばれています。アムステルダムには、100キロメートル以上の運河と約90の島々、そして1500の橋があります。
Amsterdam is called the Venice of the North. The city has more than 100 kilometres of grachten (canals), about 90 islands and 1,500 bridges.

The Canals of Amsterdam

シンゲル運河(内側)は、1428年頃に掘削され、中世のアムステルダムの街の周りの濠となっていました。アムステルダムは、オランダ黄金時代の間の1585~1665年にシンゲル運河(内側)を越えて広がっていきました。グラクテンゴルデル(運河のガードル)としても知られているアムステルダムの3つの主要な運河(ヘーレン運河、プリンセン運河、ケイザー運河)は、1813年から掘削されました。これらの運河は、同心円状の帯を形成しています。
The Singel canal was dug around 1428 and served as a moat around the medieval city of Amsterdam. The city expanded beyond the canal from 1585 to 1665 during the Dutch Golden Age. The 3 main canals (Herengracht, Prinsengracht and Keizersgracht) of the city which are also known as the Grachtengordel were dug from 1813. These canals form concentric belts.

The Canals of Amsterdam

シンゲル運河(内側)の外側かつシンゲル運河(外縁)の内側の環状運河と街並みは、ユネスコ世界遺産「アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域」に指定されています。
The canals and streets of the canal ring area outside the Singel and inside the Singelgracht is designated as the UNESCO World Heritage Site, the Seventeenth-century canal ring area of Amsterdam inside the Singelgracht.

アムステルダム AmsterdamLatest Posts (Category)