Now stay home but someday travel

(オランダ黄金時代に建設された)アムステルダム王宮 Koninklijk Paleis Amsterdam

(オランダ黄金時代に建設された)アムステルダム王宮 Koninklijk Paleis Amsterdam

(観光おすすめ度★★★★★)アムステルダム王宮は、オランダのアムステルダムにある宮殿です。
Koninklijk Paleis Amsterdam (the Royal Palace in Amsterdam) is a palace in Amsterdam, the Netherlands.

Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam

アムステルダム王宮(ダム宮殿)は、オランダ黄金時代の最中、1648~1665年に古典主義様式で市庁舎として建てられました。市庁舎は、1655年に開館しました。その後、建物は、王宮になりました。
Koninklijk Paleis Amsterdam (the Royal Palace in Amsterdam) or Paleis op de Dam was built in the Classicism style as a city hall from 1648 to 1665 during the Dutch Golden Age. The town hall was opened in 1655. Afterwards the building became the royal palace.

Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam

地上階は、法廷でした。この建物が市庁舎だった時、死刑がここで宣告されました。これは非常に重要な儀式であったので、法廷は大理石の作品で精巧に装飾されました。
The ground floor was a tribunal space. The death sentence was pronounced here when the building was still a town hall. The tribunal was decorated elaborately with the marble works because this was a very important ceremony.

Koninklijk Paleis Amsterdam

市民の間は、長さ34メートル、高さ25メートルです。アムステルダムの乙女が、入口の上に表されています。アムステルダムの乙女は、足下の世界を見下ろしています。アムステルダムの乙女は、左に獅子の皮をまとった「力」と右にミネルウァの兜を着けた「知恵」を伴っています。
The Citizens’ Hall is 34 metres long and 25 metres high. The Amsterdam Maiden is depicted above the entrance. She looks down on the world at her feet. She is accompanied by the Power (the woman on her left with skin of a lion) and the Wisdom (the woman on her right with the helmet of Minerva).

Koninklijk Paleis Amsterdam

「正義」が、市民の間の反対側に表されています。「正義」は、ロバの耳のミダース王によって表された「貪欲」とヘビのメドゥーサによって表された「嫉妬」を踏みつけています。さらに、アトラースが、それらの彫刻の上に立っています。アトラースは、両肩に天空をかついでいます。
The Justice is depicted on the opposite side of the Citizens’ Hall. He tramples the Greed (represented by King Midas with donkey ears) and the Envy (represented as Medusa with snakes). Furthermore, Atlas also stands above these sculptures. He holds up the sky on his shoulders.

Koninklijk Paleis Amsterdam

市民の間の大理石の床には、西半球と東半球の地図があります。これらの地図は、18世紀にそれまであったペアを置き換え、アムステルダムの植民地の勢力を詳しく表しています。元の地図は、17世紀前半のオランダ東インド会社の船によって探検された領域を示していました。
There are maps of the western and eastern hemispheres on the marble floor in the Citizens’ Hall. The maps replaced an early pair in the middle of the 18th century and detail the area of the colonial influence of Amsterdam. The originals showed the regions explored by the ships of the Dutch East India Company in the first half of the 17th century.

Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam
Koninklijk Paleis Amsterdam

部屋や広間は、きらびやかなシャンデリア、彫刻、絵画に飾られています。
The rooms and halls decorated with gorgeous chandeliers, sculptures and paintings.

アムステルダム AmsterdamLatest Posts (Category)