Now stay home but someday travel

(騎士団長の宮殿が立つ)聖ゲオルギオス広場 St. Georges Square

(騎士団長の宮殿が立つ)聖ゲオルギオス広場 St. Georges Square

(観光おすすめ度★★★★☆)聖ゲオルギオス広場は、マルタのバレッタにある広場であり、ユネスコ世界遺産「バレッタ市街」の一部です。
St. Georges Square is a square in Valletta, Malta and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the City of Valletta.

St. Georges Square

騎士団長の宮殿が、聖ゲオルギオス広場の一方の面に立っています。騎士団長の宮殿は、公式には「宮殿」として知られており、マルタを統治した聖ヨハネ騎士団の騎士団長の宮殿でした。その後、総督の宮殿となり、現在は、マルタ大統領府です。宮殿公式諸間と宮殿武器庫が、博物館として一般公開されています。
The Grandmaster’s Palace stands on one side of St. Georges Square. The palace is officially known as The Palace and was the palace of the Grand Master of the Order of St. John who ruled Malta. Subsequently the palace became the Governor’s Palace and currently houses the Office of the President of Malta. The Palace State Rooms and the Palace Armoury are open to the public as a museum.

St. Georges Square

子供達や観光客が、騎士団長の宮殿の前の聖ゲオルギオス広場の中央にある決まった間隔で水を噴く床面の噴水で、遊んでいます。
Children and tourists are playing about on a floor level fountain erupting at regular intervals in the centre of St. Georges Square in front of the Grandmaster’s Palace.

St. Georges Square
St. Georges Square
St. Georges Square

衛兵詰所が、騎士団長の宮殿の反対側に立っています。建物は、元々、聖ヨハネ騎士団によって1603年に衛兵詰所として建てられ、イギリスが1800年にマルタを接収した後も使用されました。新古典主義様式の柱廊式玄関が、1814年に加えられました。柱廊式玄関の上には、イギリスの紋章と記念の碑文が、後に設置されました。これらは、マルタにおけるイギリス統治の主な象徴の一つです。
The Main Guard stands opposite to the Grandmaster’s Palace. The building was originally built as a guardhouse in 1603 by the Order of St. John and remained in use after the British took over Malta in 1800. The Neoclassical portico was added in 1814. On above the portico were installed later a British coat of arms and a commemorative inscription. These have become one of the main symbols of British rule in Malta.

バレッタ VallettaLatest Posts (Category)