Now stay home but someday travel

(新古典主義様式の宮殿)大統領宮殿 The Presidential Palace

(新古典主義様式の宮殿)大統領宮殿 The Presidential Palace

(観光おすすめ度★☆☆☆☆)大統領宮殿は、リトアニアのヴィリニュスにある宮殿であり、ユネスコ世界遺産「ヴィリニュス歴史地区」の一部です。
The Presidential Palace is a palace in Vilnius, Lithuania and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vilnius.

The Presidential Palace

大統領宮殿は、リトアニア大公ヨガイラがヴィリニュス司教管区に土地を寄進する勅令を発した14世紀に、その歴史をたどり、そのため、時々、司教宮殿と呼ばれます。宮殿は、14世紀後半に建てられました。宮殿は、続く数世代に渡って徐々に拡張され改築されました。宮殿は、1737年に、1748年に再び、火災によってひどく損傷しました。宮殿は、1750年に再建されました。宮殿は、1795年からのロシア帝国時代には、数々のロシア帝国の統治者、1812年にはフランス皇帝ナポレオンにも、住まいとして用いられました。宮殿は、1824~1834年に新古典主義様式で再建されました。宮殿は、第一次世界大戦の後、政府の執務室、1997年以来、リトアニア大統領の公的な執務室として用いられています。
The Presidential Palace traces its history back to the 14th century when Grand Duke Jogaila of Lithuania issued an edict donating land in the city to the Vilnius Diocese and so is sometimes referred to as the Bishops’ Palace. The Palace was built in the late 14th century. The palace was gradually enlarged and renovated over succeeding generations. The palace was badly damaged by fire in 1737 and again in 1748. The palace was rebuilt in 1750. The palace served as a residence for several Imperial Russian governors during the Russian Empire times from 1795 and also for the French Emperor Napoleon in 1812 as well. The palace was rebuilt in the Neoclassical style from 1824 to 1834. The palace served as the government offices after the First World War and has served as the official office of the President of Lithuania since since 1997.

ヴィリニュス VilniusLatest Posts (Category)