Now stay home but someday travel

(バロック様式のカルメル会教会)聖テレーズ教会 The Church of St. Theresa

(バロック様式のカルメル会教会)聖テレーズ教会 The Church of St. Theresa

(観光おすすめ度★★☆☆☆)聖テレーズ教会は、リトアニアのヴィリニュスにある教会であり、ユネスコ世界遺産「ヴィリニュス歴史地区」の一部です。
The Church of St. Theresa is a church in Vilnius, Lithuania and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vilnius.

The Church of St. Theresa

聖テレーズ教会は、カトリック教会の教会です。聖テレーズ教会は、跣足カルメル会に属し、アビラの聖テレサに献堂されています。以前の教会は1621~1627年に建てられ、新しい教会は1633~1654年に初期バロック様式で建てられました。聖テレーズ教会は、1760年に火災でひどく損傷し、1763~1765年に修復されました。聖テレーズ教会は、ギャラリーによって夜明けの門の聖母礼拝堂と結ばれています。
The Church of St. Theresa is a Catholic church. The church belongs to the Discalced Carmelites and is dedicated to St. Teresa of Ávila. The former church was built from 1621 to 1627 and the new church was built in the early Baroque style from 1633 to 1654. The church was severely damaged by fire in 1760 and was restored from 1763 to 1765. The church is connected the Chapel of Our Lady of the Gate of Dawn with a gallery.

ヴィリニュス VilniusLatest Posts (Category)