Now stay home but someday travel

(煉瓦造火焔式ゴシックの傑作)聖アンナ(オノス)教会 The Church of St. Anne

(煉瓦造火焔式ゴシックの傑作)聖アンナ(オノス)教会 The Church of St. Anne

(観光おすすめ度★★★★★)聖アンナ(オノス)教会は、リトアニアのヴィリニュスにある教会であり、ユネスコ世界遺産「ヴィリニュス歴史地区」の一部です。
The Church of St. Anne is a church in Vilnius, Lithuania and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vilnius.

The Church of St. Anne

聖アンナ(オノス)教会は、カトリック教会の教会です。この地の最初の教会は、リトアニア大公妃でありヴィータウタス大公の最初の妻であったアンナのために建てられました。その教会は、木造で、後に1419年に火災で破壊されました。現在の煉瓦造の教会は、1495~1500年に建てられました。教会の外装は、その時以来ほとんど変わらず残っています。聖アンナ教会は、フランボワイアン・ゴシック(火焔式ゴシック)および煉瓦造ゴシック様式の両方の傑出した例です。聖アンナ教会は、とても美しく、皇帝ナポレオンがパリに持ち帰りたがったと言われています。
The Church of St. Anne is a Catholic church. The first church at this site was built for Anna (who was Grand Duchess of Lithuania and the first wife of Vytautas the Great). The first church was made of wood and later was destroyed by a fire in 1419. The present brick church was constructed from 1495 to 1500. The exterior has remained almost unchanged since then. The church is a prominent example of both Flamboyant Gothic and Brick Gothic styles. The church is so beautiful that it is said that Emperor Napoleon wanted to carry the church with him to Paris.

The Church of St. Anne

聖アンナ教会の内装は、バロック様式で豊かに飾られています。
The interior of the Church of St. Anne is richly decorated in the Baroque style.

ヴィリニュス VilniusLatest Posts (Category)