Now stay home but someday travel

(ヴィリニュス最古の教会の一つ)生神女大聖堂 The Cathedral of the Theotokos

(ヴィリニュス最古の教会の一つ)生神女大聖堂 The Cathedral of the Theotokos

(観光おすすめ度★★☆☆☆)生神女大聖堂は、リトアニアのヴィリニュスにある大聖堂であり、ユネスコ世界遺産「ヴィリニュス歴史地区」の一部です。
The Cathedral of the Theotokos is a cathedral in Vilnius, Lithuania and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Vilnius.

The Cathedral of the Theotokos

生神女大聖堂は、ヴィリニュスおよびリトアニア全ての主たるロシア正教会の大聖堂です。生神女大聖堂は、ヴィリニュスで最も古い教会の一つです。元々は、リトアニア大公国がヨーロッパで最後の非キリスト教国であったリトアニアのキリスト教化前の1346~1348年に、建てられました。1609年に、大聖堂は、東方典礼カトリック教会に接収されました。大聖堂は大火災の後1748年に放棄され、建物は様々な他の目的に用いられました。建物は、1785年にバロック様式で再建されました。建物は、ヴィリニュス大学に売却され、1822年に新古典主義様式で全く近代化されました。その後、建物は、ロシア正教に移され、オリジナルのようにゴシック様式でで1865~1868年に再建されました。大聖堂は、第二次世界大戦の間に損傷しましたが、1948年に修復されました(1957年に完成)。また、大聖堂は、1998年に再び改築されました。
The Cathedral of the Theotokos is the main Russian Orthodox cathedral of Vilnius and the entire Lithuania. The cathedral is one of the oldest churches of Vilnius. The original was built from 1346 to 1348 before the christianisation of Lithuania when the Grand Duchy of Lithuania was the last pagan state in Europe. In 1609 the cathedral was taken over by the Uniate Catholic Church. The cathedral was abandoned in 1748 after a major fire and the building was used for various other purposes. The building was reconstructed in the Baroque style in 1785. The building was sold to the Vilnius University and was thoroughly modernised in the Neoclassical style in 1822. Afterwards the building was transferred to the Russian Orthodox Church during the Russification campaign was rebuilt from 1865 to 1868 in the Gothic style as the original. The cathedral was damaged during the Second World War but was restored in 1948 (completed in 1957). Furthermore the cathedral was once again renovated in 1998.

ヴィリニュス VilniusLatest Posts (Category)