Now stay home but someday travel

(リーガで最も古い住宅の複合体)三人兄弟 The Three Brothers

(リーガで最も古い住宅の複合体)三人兄弟 The Three Brothers

(観光おすすめ度★★★☆☆)三人兄弟は、ラトビアのリーガにある家屋であり、ユネスコ世界遺産「リーガ歴史地区」の一部です。
The Three Brothers is a complex of houses in Riga, Latvia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Riga.

The Three Brothers

三人兄弟は、3つの家屋からなり、リーガで最も古い住宅の複合体です。1490年頃に建てられた長男は、ゴシック様式の装飾と少しの初期ルネサンスの細部を持っています。1646年に建てられ1785年にマニエリスム様式で改築された次男は、最も派手です。17世紀後半に建てられた三男は、細いバロック様式の建物です。彼らは、各々異なる個性を持っています。
The Three Brothers consists of 3 houses and is the oldest complex of dwelling houses in Riga. The oldest brother built around 1490 has Gothic decorations and a few early Renaissance details. The 2nd brother built in 1646 and renovated in 1785 in the Mannerism style is the most splendid. The 3rd brother built in the late 17th century is a narrow Baroque building. They have different and individual styles respectively.

リーガ RigaLatest Posts (Category)