Now stay home but someday travel

(2003年に再建された)リーガ市庁舎 The Riga Town Hall

(2003年に再建された)リーガ市庁舎 The Riga Town Hall

(観光おすすめ度★☆☆☆☆)リーガ市庁舎は、ラトビアのリーガにある市庁舎であり、ユネスコ世界遺産「リーガ歴史地区」の一部です。
The Riga Town Hall is a town hall in Riga, Latvia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Riga.

The Riga Town Hall

リーガの市議会は、1225年にさかのぼります。リーガは、1201年のリーガ創建以来、リーガ司教によって統治されましたが、リーガ市議会は、立法府および司法当局の活動を行いました。市庁舎広場に面したリーガ市庁舎の建物は、第二次世界大戦の間に破壊されましたが、2003年に再建されました。
The town council of Riga dates from 1225. The town council acted as legislature and as a judicial authority though the town was ruled by the Archbishop of Riga from the foundation of the town in 1201. The building of the Riga Town Hall on the Town Hall Square was destroyed during the Second World War and was rebuilt in 2003.

リーガ RigaLatest Posts (Category)