Now stay home but someday travel

(宗教改革到来後の最初のカトリックの教会)聖母受難教会 Our Lady of Sorrows Church

(宗教改革到来後の最初のカトリックの教会)聖母受難教会 Our Lady of Sorrows Church

(観光おすすめ度★★☆☆☆)聖母受難教会は、ラトビアのリーガにある教会であり、ユネスコ世界遺産「リーガ歴史地区」の一部です。
Our Lady of Sorrows Church is a church in Riga, Latvia and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Riga.

Our Lady of Sorrows Church
Our Lady of Sorrows Church
Our Lady of Sorrows Church

聖母受難教会は、リーガ城の近くにあるカトリック教会の教会です。聖母受難教会は、1785年に建てられ、1860年にゴシック・リヴァイヴァル様式で再建されました。聖母受難教会は、宗教改革がラトビアに到来した後の最初のカトリックの教会でした。そのため、聖母受難教会は、抑圧されたカトリック教徒を象徴するとして悲しみの聖母に献堂されました。
Our Lady of Sorrows Church is a Catholic church near Riga Castle. The church was built in 1785 and was rebuilt in the Gothic Revival style in 1860. The church was the first Catholic church after the Reformation arrived in Livonia. Therefore the church was dedicated to Our Lady of Sorrows as the sorrows symbolised the oppressed Catholic.

リーガ RigaLatest Posts (Category)