Now stay home but someday travel

(全てを背負って川を渡った)偉大なるクリストファー Great Kristaps

(全てを背負って川を渡った)偉大なるクリストファー Great Kristaps

(観光おすすめ度★★☆☆☆)偉大なるクリストファーは、ラトビアのリーガにある像です。
Great Kristaps (Christopher) is a statue in Riga, Latvia.

Great Kristaps

偉大なるクリストファーの伝説は、以下のとおりです。昔々、とても強い男が、ダウガヴァ川の川沿いに住んでいて、人々を背中に背負って運び川を渡すことを仕事にしていました。ある夜、男は、嵐の天候の中、一人の少年を運びました。不思議なことに一歩ごとに少年は重くなっていきましたが、それにもかかわらず、彼らはついに川を渡りました。少年はキリストの息子であり、男はクリストファーと名付けられました。この伝説は、旅人の守護聖人である聖クリストファーの伝説とほぼ同じです。少年が重たかった理由は、キリストが全てを背負っているからです。なお、ラトビアのクリストファーは、報酬としてどっさりお金を得てリーガの全てを買ったと言われています。偉大なるクリストファーの木造の像が、1510年頃に作られ、川の側に置かれました。オリジナルの像は、現在は博物館で展示されています。
The legend about Great Kristaps (Christopher) is as follows. Once upon a time a very strong man lived on the Daugava riverside and he earned his living by carrying people across the river on his back. One night he carried a boy in stormy weather. They eventually got across the river even though the boy was becoming heavier with each step strangely. The boy turned out to be a son of Christ and so the man was named Kristaps (Christopher). This legend is almost the same as the legend of St. Christopher (who is the patron saint of travellers). The reason why the boy was so heavy is Christ takes everything on his shoulders. Moreover it is said that the Latvian Christopher was awarded a heap of money and he used the money to buy all of Riga. The wooden statue of them was made around 1510 and was placed by the river. The original statue is now exhibited at a museum.

リーガ RigaLatest Posts (Category)