Now stay home but someday travel

(ヴェネチアの玄関口の地区)サンタ・クローチェ区Santa Croce Sestiere

(ヴェネチアの玄関口の地区)サンタ・クローチェ区Santa Croce Sestiere

(観光おすすめ度★★★★☆)サンタ・クローチェ区は、イタリアのヴェネツィアにある地区であり、ユネスコ世界遺産「ヴェネツィアとその潟」の一部です。
Santa Croce Sestiere is a district in Venice, Italy and is a part of the UNESCO World Heritage Site, Venice and its Lagoon.

Santa Croce Sestiere
Santa Croce Sestiere
Santa Croce Sestiere
Santa Croce Sestiere
Santa Croce Sestiere

サンタ・クローチェ地区は、ヴェネツィアの6つの地区の一つです。サンタ・クローチェ地区は、ヴェネツィアの主な島の北東部分を占めています。サンタ・クローチェ地区は、2つの地域に分けられます。東側の部分は、古いサン・ポーロ地区と南と東の境界を持つように、大体において中世です。多くの迷路のような小路、カナル・グランデ(大運河)の支流を渡る小さな橋があります。西側の部分は、ヴェネツィアの主要港と本土への道路があり、20世紀に開発されました。
Santa Croce Sestiere is one of the 6 sestieri (districts) of Venice. The district occupies the northwest part of the main islands of the city. The district can be divided into 2 areas. The eastern area is largely mediaeval as is bordered to the south and east by the old district San Polo Sestiere. There are many lanes like a maze and small bridges across branches of the Canal Grande (the Grand Canal). The western part includes the main port of the city and the road to the mainland. The area is developed in the 20th century.

ヴェネツィア VeniceLatest Posts (Category)