Now stay home but someday travel

(美しいバロックの教会)カンプス・マルティウスの聖イグナチオ・デ・ロヨラ教会 The Church of St. Ignatius of Loyola at Campus Martius

(美しいバロックの教会)カンプス・マルティウスの聖イグナチオ・デ・ロヨラ教会 The Church of St. Ignatius of Loyola at Campus Martius

(観光おすすめ度★★☆☆☆)カンプス・マルティウスの聖イグナチオ・デ・ロヨラ教会は、イタリアのローマにある教会であり、ユネスコ世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」の一部です。
The Church of St. Ignatius of Loyola at Campus Martius is a church in Rome, Italy and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura.

The Church of St. Ignatius of Loyola at Campus Martius
The Church of St. Ignatius of Loyola at Campus Martius
The Church of St. Ignatius of Loyola at Campus Martius

カンプス・マルティウスの聖イグナチオ・デ・ロヨラ教会は、カトリックの教会です。聖イグナチオ・デ・ロヨラ教会は、1626~1650年にバロック様式で建てられました。内部は、数々の小礼拝堂があるラテン十字の作りをしています。内部には、活気ある漆喰の描写的なレリーフ、豊かに飾られた祭壇、広範な金箔、クロッシングのドーム(ドームを建てる資金が足りずドームの幻影が描かれました)と身廊の天井の大胆なトロンプルイユ(だまし絵)の絵で、豊かに装飾されています。この教会は、メジャーな観光地ではないようですが、とても美しい教会です。
The Church of St. Ignatius of Loyola at Campus Martius is a Catholic church. The church was built in the Baroque style from 1626 to 1650. The interior has a Latin cross plan with numerous side chapels. The interior is richly decorated with animated stucco figural relief, richly ornamented altars, extensive gilding and bold trompe l’oeil paintings in the dome (an illusion of a dome was painted because of lack of funds to build a dome) at its crossing and in the nave ceiling. This church does not seem a major tourist site but is a brilliant church.

ローマ RomeLatest Posts (Category)