Now stay home but someday travel

(古代ローマの象徴)カンピドリオの丘 The Capitoline Hill

(古代ローマの象徴)カンピドリオの丘 The Capitoline Hill

(観光おすすめ度★★★★★)カンピドリオの丘は、イタリアのローマにある丘であり、ユネスコ世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」の一部です。
The Capitoline Hill is a hill in Rome, Italy and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura.

The Capitoline Hill
The Capitoline Hill
The Capitoline Hill

カンピドリオ(カピトリーノ)の丘は、ローマの七丘の一つです。カンピドリオの丘は、ローマの七丘でも最も低い丘ですが、政治および宗教におけるローマの中心としてローマの象徴になりました。カンピドリオの丘には、ユピテル・オプティムス・マキシムス、ユーノー、ミネルウァ神殿がありました。カンピドリオ広場は、ミケランジェロによって設計され、1536~1546年にルネサンス様式で建設されました。カンピドリオ広場には、カピトリーノ美術館があります。
The Capitoline Hill is one of the Seven Hills of Ancient Rome. The hill became a symbol of Rome as the political and religious heart of Rome though the hill is the smallest of the hills. The Temple of Jupiter Optimus Maximus stood on the hill. Piazza del Campidoglio was designed by Michelangelo and was built in the Renaissance style from 1536 to 1546. The Capitoline Museums are located on the piazza.

ローマ RomeLatest Posts (Category)