Now stay home but someday travel

(ローマ最古の教会の一つ)サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂 The Basilica of Santa Maria in Trastevere

(ローマ最古の教会の一つ)サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂 The Basilica of Santa Maria in Trastevere

(観光おすすめ度★★★★☆)サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂は、イタリアのローマにある聖堂であり、ユネスコ世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」の一部です。
The Basilica of Santa Maria in Trastevere (Our Lady in Trastevere) is a basilica in Rome, Italy and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura.

The Basilica of Santa Maria in Trastevere

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂は、カトリック教会の聖堂で、ローマで最も古い教会の一つです。サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂は、トラステヴェレ地区にあり、トラステヴェレ地区の名前は、「テヴェレ川の向こう側」を意味します。最初の聖壇は、教皇カリストゥス1世によって221年に建てられ、その後、教会は、1140~1143年に教皇インノケンティウス2世の下でロマネスク様式でその古い基礎の上に建て直されました。ファサードは、1702年に修復されました。
The Basilica of Santa Maria in Trastevere (Our Lady in Trastevere) is a Catholic basilica and one of the oldest churches of Rome. The church is located in the district of Trastevere and the name of the district means Beyond the Tiber. The first sanctuary was built in 221 by Pope Callixtus I and afterwards the church was rebuilt on its old foundations in the Romanesque style under Pope Innocent II from 1140 to 1143. The facade was restored in 1702.

The Basilica of Santa Maria in Trastevere
The Basilica of Santa Maria in Trastevere
The Basilica of Santa Maria in Trastevere
The Basilica of Santa Maria in Trastevere

現在の身廊は、元々のバシリカ式平面を保持しており、以前の基礎の上に立っています。身廊と側廊を隔てるイオニア式とコリント式の22本の花崗岩の柱は、カラカラ浴場から持ち込まれました。後陣をはじめとする聖堂内部のモザイク画は、12世紀および13世紀にさかのぼります。
The present nave preserves its original basilica plan and stands on the earlier foundations. The 22 granite columns with Ionic and Corinthian capitals that separate the nave from the aisles came from the ruins of the Baths of Caracalla. The mosaics inside of the basilica including the apse date from the 12th and the 13th centuries.

ローマ RomeLatest Posts (Category)