Now stay home but someday travel
(ローマの北の玄関)ポポロ広場 Piazza del Popolo

(観光おすすめ度★★★☆☆)ポポロ広場は、イタリアのローマにある広場であり、ユネスコ世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」の一部です。
Piazza del Popolo is a piazza in Rome, Italy and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura.

Piazza del Popolo

ポポロ広場は、ローマの北部にある大きな広場で、アウレリアヌス城壁の門の内側にあります。ポポロ門は、北から(リミニからのフラミニア街道)のローマへの入口でした。現在のポポロ門は、1475年に建てられました。現在のポポロ広場のレイアウトは、1811~1822年に新古典主義様式で設計されました。現代イタリア語におけるポポロ広場の名前は、「市民広場」の意味となっています(元々は広場北東の角にあるポプラに由来する)。
Piazza del Popolo is a large piazza in the northern part of Rome and lies inside the northern gate in the Aurelian Walls. Porta del Popolo was the main entrance to the city from north (the Via Flaminia, the road from Rimini). The current gate was built in 1475. The layout of the piazza today was designed in the Neoclassical style from 1811 to 1822. The name of the piazza in modern Italian literally means Square for People (However historically the name is derived from the poplars in the northeast corner of the piazza).

The Basilica of Santa Maria del Popolo

サンタ・マリア・デル・ポポロ聖堂は、ポポロ広場のポポロ門の隣にあるカトリック教会の聖堂です。サンタ・マリア・デル・ポポロ聖堂は、1472~1477年にルネサンス様式で教皇シクストゥス4世によって建てられました。
The Basilica of Santa Maria del Popolo is a Catholic basilica next to Porta del Popolo in Piazza del Popolo. The basilica was built by Pope Sixtus IV in the Renaissance style from 1472 to 1477.

Piazza del Popolo

フラミニアのオベリスクが、ポポロ広場の中央に立っています。フラミニアのオベリスクは、ヘリオポリスからのセティ1世(後にラムセス2世によって建てられた)のエジプトのオベリスクです。フラミニアのオベリスクは、アウグストゥス帝により紀元前10年にローマに運ばれ、元々は古代ローマの戦車競技場であるチルコ・マッシモに立てられました。フラミニアのオベリスクは、1589年に教皇シクストゥス5世によってポポロ広場に移設されました。フラミニアのオベリスクは、高さ24メートル、柱脚も含めれば36メートルの高さがあります。フラミニアのオベリスクは、ローマで2番目に古くそして最も高いオベリスクの一つです。
The Flaminio Obelisk stands in the centre of Piazza del Popolo. The obelisk is an Egyptian obelisk of Sety I (later erected by Rameses II) from Heliopolis. The obelisk was brought to Rome in 10 BC by Augustus and originally set up in the Circus Maximus (an ancient Roman chariot racing stadium). The obelisk was moved to the piazza by Pope Sixtus V in 1589. The obelisk is 24 metres tall or 36 metres including its plinth. The obelisk is the 2nd oldest and one of the tallest obelisks in Rome.

Piazza del Popolo
Piazza del Popolo
The Campus Martius

ピンチョの丘が、ポポロ広場の東にあります。また、ピンチョの丘の隣には、ボルゲーゼ公園があります。ピンチョの丘から、ポポロ広場を見下ろすことができ、カンプス・マルティウス(ローマの一部)を見渡すことができます。
Pincian Hill is located on the east of Piazza del Popolo. Next to the hill are located Villa Borghese gardens. The hill commands a view of the piazza and overlooks a view of the townscape of the Campus Martius (a part of Rome).

ローマ RomeLatest Posts (Category)