Now stay home but someday travel

(現在は美術館)ピッティ宮殿 The Palazzo Pitti

(現在は美術館)ピッティ宮殿 The Palazzo Pitti

(観光おすすめ度★★★★★)ピッティ宮殿は、イタリアのフィレンツェにある宮殿であり、ユネスコ世界遺産「フィレンツェ歴史地区」の一部です。
The Palazzo Pitti (the Pitti Palace) is a palace in Florence, Italy and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Florence.

The Palazzo Pitti
The Palazzo Pitti

ピッティ宮殿は、広大なルネサンス様式の宮殿です。ピッティ宮殿の中枢は、1458年にさかのぼり、元々は、フィレンツェの銀行家、ルカ・ピッティの住まいでした。ピッティ宮殿は、1549年にメディチ家に買収され、トスカーナ大公の住まいになりました。ピッティ宮殿には、収集された絵画や宝飾などの膨大な収蔵品があり、今日では、美術館として一般に開放されています。
The Palazzo Pitti (the Pitti Palace) is a vast Renaissance palace. The core of the palace dates from 1458 and was originally the residence of Luca Pitti (a Florentine banker). The palace was bought by the Medici family in 1549 and became the residence of the Grand Duchy of Tuscany. The palace houses numerous collections such as amassed paintings and jewellery. Today the palace is open to the public as a museum.

フィレンツェ FlorenceLatest Posts (Category)