Now stay home but someday travel

(偉大なフレスコ画が残る)サンタ・マリア・デル・カルミネ教会 The Church of Santa Maria del Carmine

(偉大なフレスコ画が残る)サンタ・マリア・デル・カルミネ教会 The Church of Santa Maria del Carmine

(観光おすすめ度★★★★☆)サンタ・マリア・デル・カルミネ教会は、イタリアのフィレンツェにある教会であり、ユネスコ世界遺産「フィレンツェ歴史地区」の一部です。
The Church of Santa Maria del Carmine is a church in Florence, Italy and is a part of the UNESCO World Heritage Site, the Historic Centre of Florence.

The Church of Santa Maria del Carmine

サンタ・マリア・デル・カルミネ教会は、カルメル会の教会で、1268年から建てられました。サンタ・マリア・デル・カルミネ教会は、16~17世紀にバロック様式で改築されました。その後、サンタ・マリア・デル・カルミネ教会は、1771年に火事によって損傷しましたが、1782年にロココ様式で再建されました。ファサードは、多くのフィレンツェの教会と同じように、仕上げなしで残されました。他の全てを破壊した激しい火の中でブランカッチ礼拝堂とコルシーニ礼拝堂が生き残ったことは、奇跡と考えられています。
The Church of Santa Maria del Carmine is a church of the Carmelite Order and was built from 1268. The church was renovated in the Baroque style from the 16th century to the 17th century. Afterwards the church was damaged by a fire in 1771 and rebuilt in the Rococo style in 1782. The facade remained unfinished as many Florentine churches. It is considered a miracle that the Brancacci Chapel and the Corsini Chapel survived the intense fire that destroyed everything else.

The Church of Santa Maria del Carmine
The Church of Santa Maria del Carmine
The Church of Santa Maria del Carmine
The Church of Santa Maria del Carmine

サンタ・マリア・デル・カルミネ教会の内部は、1771年の火事の後の再建において、ロココ様式を得ました。
The interior of the Church of Santa Maria del Carmine acquired the Rococo style during the reconstruction following the 1771 fire.

The Church of Santa Maria del Carmine
The Church of Santa Maria del Carmine
The Church of Santa Maria del Carmine
The Church of Santa Maria del Carmine

ブランカッチ礼拝堂は、1771年の火事を生き残り、その後の教会の修理に際しても、フレスコ画を覆ってしまうことに強固に反対したある貴族の女性の干渉によって、生き残りました。ブランカッチ礼拝堂には、マサッチオとマソリーノによる有名なフレスコ画のホームです。ブランカッチ礼拝堂は、イタリアのルネサンスの最初の傑作と考えられています。ブランカッチ家は、マサッチオの師であるマソリーノに礼拝堂にフレスコ画が描くことを依頼しました。マソリーノは1425年にこのプロジェクトに取り掛かり、間も無くマサッチオが加わりました。マソリーノとマサッチオは、各々、「貢の銭」(マサッチオ)を含む聖ペトロのフレスコ画を描き、また、「原罪」(マソリーノ)、「アダムとエバの楽園追放」(マサッチオ)等を描きました。
The Brancacci Chapel survived the 1771 fire and was also saved by the subsequent restoration by the intervention of a noblewoman who was firmly opposed to the covering of the frescoes. The chapel is home to the famous frescoes by Masaccio and Masolino. The chapel is considered the first masterwork of the Italian Renaissance. The Brancacci family commissioned Masolino (who was the master of Masaccio) to paint frescoes on the chapel. Masolino began the project in 1425 and Masaccio joined in it soon. Masolino and Masaccio painted majestic frescoes depicting the scenes of St. Peter including The Tribute Money (by Masaccio) respectively and also other frescoes such as The Temptation of Adam and Eve (by Masolino) and The Expulsion of Adam and Eve from Paradise (by Masaccio).

The Church of Santa Maria del Carmine

修道院には、1771年の火事を含む数々の災害のため作品のほとんどは散り散りになっていますが、「最後の晩餐」などのフレスコ画があります。
The convent houses numerous frescoes such as The Last Supper though most of the works are fragmentary because of some disasters including the 1771 fire.

フィレンツェ FlorenceLatest Posts (Category)