Now stay home but someday travel

(ドイツの伝統的なパン)プレッツェル Pretzel

(ドイツの伝統的なパン)プレッツェル Pretzel

(観光おすすめ度★★★★★)プレッツェルは、ドイツの食べ物です。
Pretzel is a German food.

Pretzel
Pretzel
Pretzel
Pretzel
Pretzel
Pretzel
Pretzel
Pretzel

プレッツェルは、最も一般的にはねじられた結び目の形状をしているパン生地から作られた塩がかけられた焼きパンです。伝統的なプレッツェルの形は、特有の対称形です。焼きたてを食べる柔らかいプレッツェル、長期保存ができる固いプレッツェルなど、様々な種類があります。プレッツェルを表すドイツ語は、ラテン語の「ブレスレット」または「小さな腕」に由来しています。
A pretzel is a type of salted baked bread product made from dough most commonly shaped into a twisted knot. The traditional pretzel shape is a distinctive symmetrical form. There are several varieties of pretzels including soft pretzels (which must be eaten shortly after preparation) and hard-baked pretzels (which have a long shelf life). The German name for a pretzel may derive also from the Latin word for a bracelet or little arms.

プレッツェルは、少なくとも12世紀以来、南ドイツ地方でパン屋と前にはギルドの記章として用いられています。プレッツェルの図の最初と考えられているものは、1160年頃のアルザス地方の百科事典にあります。アルザス地方のブクスヴィレールというコミューンには、プレッツェルに似たものが伝わっています。
The pretzel has been in use as an emblem of bakers and formerly their guilds in southern German areas since at least the 12th century. The presumed first graphical representation is in an encyclopedia in Alsace (Hortus deliciarum) around 1160. In the commune of Bouxwiller in Alsace similar things have been handed down.

よく知られている伝説によると、プレッツェルは聖三位一体に祈る腕を表すためにある修道士によって発明されました。
According to a well-known legend, the pretzel was invented by a Christian monk to represent arms crossed in prayer to the Holy Trinity.

別の伝説によると、プレッツェルは礼拝を学ぶ子供達のご褒美のためにイタリアの修道士によって発明されました。別のソースでは、南フランスの修道院としています。
According to one of other legends, the pretzel was invented by an Italian Christian monk as a reward to children who learn their prayers. Another source locates the invention in a monastery in southern France.

よく知られているドイツの伝説では、プレッツェルは今日のバーデン・ヴュルテンベルク州ロイトリンゲン郡バート・ウラッハのパン屋によって発明されました。彼は、領主であるエーバーハルト5世伯(1445年生まれ、1495年に初代ヴュルテンベルク公、1496年に死去)に対する罪で命を失うこととなりましたが、かつていい仕事をしていたことから機会を与えられました。彼は、1つのパンから太陽の光を3回得ることができるか挑まれました。そして、彼は、プレッツェルを発明し、赦されました。
According to a well-known German legend, the pretzel was invented by a baker from the today Bad Urach in the district of Reutlingen in Baden-Württemberg. The baker would forfeit his life by a crime against his sovereign Count Eberhard V (who was born in 1445, became the 1st Duke of Württemberg in 1495 and died in 1496) but should still be given a chance as he had previously done a good job. He was challenged to get the sun shine 3 times through a loaf of bread. Then he invented the pretzel and was pardoned.

現代の学者たちは、プレッツェルをケルトの水の神格への人間の生贄の象徴と同一視しています。プレッツェルの3つの穴は、生贄を捧げる際に3人を殺すために使われた首吊縄を表しています。
Modern scholars identify a pretzel as a symbol of human sacrifice to a Celtic water deity. The 3 holes in the pretzel represent the nooses used to kill the 3 people during the sacrifice.

キリスト教では、プレッツェルは、原料と形状の両方において宗教上の重要性があるとみなされています。小麦粉と水だけを使う簡単なレシピで作られるプレッツェルは、キリスト教徒が卵やラードあるいは牛乳やバターなどの乳製品を食べることを禁じられている復活祭の前の四旬節の間に、食べることができました。プレッツェルは、時が進み、四旬節と復活祭の両方に関連するようになりました。プレッツェルは、卵が今日そうであるように、復活祭の朝に隠されました。
Within the Christian Church pretzels were regarded as having religious significance for both ingredients and shape. Pretzels made with a simple recipe using only flour and water could be eaten during Lent before Easter when Christians were forbidden to eat eggs, lard or dairy products such as milk and butter. Pretzels became associated with both Lent and Easter as time passed. Pretzels were hidden on Easter morning just as eggs are hidden today.