Now stay home but someday travel

(旧バイエルン王国王宮)レジデンツ The Residenz

(旧バイエルン王国王宮)レジデンツ The Residenz

(観光おすすめ度★★☆☆☆)レジデンツは、ドイツのミュンヘンにある旧王宮です。
The Residenz (the Munich Residence) is a former palace in Munich, Germany.

The Residenz

レジデンツは、かつてのバイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮で、ドイツで最も大きな市街部の宮殿です。この場所の最初の建物は、1385年にさかのぼります。今日では、レジデンツは、後期ルネサンス様式、バロック様式、ロココ様式、新古典主義様式の集合です。レジデンツは、その建築、部屋の装飾、かつての王室の収集品の展示などを、一般公開しています。
The Residenz (the Munich Residence) is the former royal palace of the Wittelsbach monarchs of Bavaria and is the largest city palace in Germany. The first buildings at this site date from 1385. Today the residence assembles the late Renaissance style, the Baroque style, the Rococo style and the Neoclassical style. The residence is open to the public for its architecture, room decorations and displays from the former royal collections.

The Residenz
The Residenz

レジデンツの南の建物は、マックス・ヨーゼフ広場に面しています。南の建物は、バイエルン王ルートヴィヒ1世によって、フィレンツェのピッティ宮殿の様式(ルネサンス様式)で、1825~1835年に建てられました。
The southern builging of the Residenz faces on Max-Joseph-Platz. The southern building was built from 1825 to 1835 in the style of the Palazzo Pitti (the Pitti Palace) in Florence (the Renaissance style) by Ludwig I of Bavaria.

ミュンヘン MunichLatest Posts (Category)